« 消費税発言への反省がゼロの菅首相 | Main | 鈴木宗男氏の刑事事件に対する最高裁決定をめぐる議論 »

09/03/2010

討論とはいえない日本記者クラブの公開討論会

今日の話題は題名通り、昨日行われた民主党代表選挙に関する日本記者クラブが主催した「公開"討論"会」についてである。

題名からも明らかなように、この会の中継映像をインターネット等で見たところ、”討論”とは全く呼べないレベルの低いものであった。

なぜならば、候補者二人の資質という面もあるが、この討論において行われた大手マスメディアの記者やジャーナリストによる運営方法、質問方法が非常に幼稚であり、およそ、「公開記者会見」であり、討論という要素がゼロだからである

具体的に指摘すると、この会は第一部と第二部で構成され、全体で2時間しかない討論会において、特に、後半の1時間を3,4名の代表記者が質問をし、候補者が答えるという方式のやりとりが続くのであるが、記者の質問は明らかに小沢氏に集中し、現職の総理大臣の菅氏はそこにいないのではないかと思うほど、軽く扱われてしまっている

それ以上に気になったのが、記者の前置き、意見表明が長く、候補者同士に議論させるような場面がほとんどない点である。

代表記者として、真ん中にいた髪の毛の薄い記者(どこの会社の誰なのか覚えていないが)はとりわけ酷かった。自分の価値観を押し付けるような質問が目立ち、いわゆるディベートやディスカッションのように交通整理をすべき立場の記者が、候補者を批判するような意見を述べ続けているのである。

私は、「討論」というのであるから、アメリカの大統領選挙のテレビ討論会のように、司会者(モデレーター)がきちんとした討論指揮をして、候補者がお互いの政策の良さをアピールしたり、相手の弱さを批判し合う交通整理を厳格に行うことで、建設的な議論が始まるのかと、ほのかな期待をしていたが、これは見事に、マスメディアならぬ低俗な"バカ"メディアの代表記者たちのダラダラとした討論指揮と稚拙な質問合戦に打ち砕かれてしまった

こんな記者会見と変わらない、非建設的な時間の浪費を日本の記者は、「討論」であると考えているのであるから、日本にトニー・ブレア元イギリス首相のように、説得的なリーダっシップを発揮できるような政治家は育つはずがない。

討論というのであれば、きちんと事前に争点を絞り、主尋問、反対尋問、再主尋問という形で、しっかり交通整理されなければならない

にもかかわらず、前半の討論特化の第一部においても、この会は、争点の設定から始まり、質問、回答をすべて各10分の中で行わせ、司会者がいてもいなくても変わらないような運営方法をとっているため、モデレーターたる司会者の交通整理が全くなく、両候補者も抽象論に終始し、全く具体的な議論がなされていない

相手がダラダラと回答すれば、それを制したり、問われていることをはぐらかしていれば、それを公正に追及するのが、司会者たるモデレーターの役割である。

しかしながら、これは私が見たところ、全く行われていなかったように思う。

こんな甘い討論会であれば、政治家も大した準備なく臨めてしまう。これでは、全く政策の具体論に入る余地はない

また、もっとひどいのは、第二部で記者の関与が多くなった場面で、代表記者が「説明責任」というバカの一つ覚えのような言葉を繰り返し使って、具体的政策論争の時間を削って、「政治とカネ」の問題に終始していることである。

政策論争をやるべきと常日頃主張しているメディアがそれを妨げているのであるから、なんとも滑稽である

正直、「政治とカネ」を問題にするのであれば、官房機密費の問題であるとかを追求する方がよっぽど建設的である。これは、国民の税金その物の使われ方であって、国民の知る権利に奉仕する情報であろう。

にもかかわらず、日本記者クラブのトンチンカンな代表記者たちは、自分たちの機密費関係の利権が奪われるのが嫌なのかと邪推したくなるほど、一切この問題には触れず、自分たちがあたかも小沢氏を追求する検察官にでもなったかのように、政治とカネの問題に時間を浪費しているのである。

何を持って「説明責任を果たした」というゴールラインが見えない問題を取り上げ続けるのが、成熟した民主主義国家におけるマスメディアの適正な姿といえるのか、私は甚だ疑問に感じた

さらに、質問者が、非常に公正さを欠いていると思ったのは、小沢氏が首相になることを前提とした質問が多かったり、菅現総理大臣に与える質問量が少なく、菅氏がアピールする時間(いわば、発言時間)が相対的に、小沢氏より少なくなってしまっている点である。

この扱いには、菅総理が不憫に感じた。

いずれにしても、候補者の資質の問題よりも、この会の運営方法を設定した日本記者クラブに加盟している記者たちが、「討論とは何たるか」を知らないという根本的な問題に起因して、非常にレベルの低い記者会見になっていた

こんなレベルの低い質問会を「公開討論会」と称して、「次の我が国のリーダーにふさわしいのはどちらだ?」と言われても、党員・サポーターも選びようが無いだろうし、マスメディアを妄信しない良識ある国民は悶々とした気持ちになるのではなかろうか

フジテレビに至っては、こんなレベルの低い質問会を「激論」と評するのであるから、本当に驚いてしまう。

この質問会を見て、私は、日本の政治が未熟である原因は、無能な政治家やそれを選んでいる国民の責任だけではないと感じた。

最大の元凶は、多くの視聴者を思考停止に陥らせている今回の代表記者らのような「討論とは何たるか」、「議論とは何たるか」を全く理解していない、自己満足ジャーナリズムを実践しているマスメディアにあると私は思う。

権力を単に批判すれば良いという戦後の幼稚なジャーナリズムからいつになったら日本は脱却できるのであろう。

なお、以下のように、小沢氏の訴追同意の意向を取り上げているメディアがあるが、これに騙されてはいけない。

小沢氏「(訴追の首相同意)私は逃げません」 

産経新聞 9月2日(木)16時34分配信 

小沢氏、出馬表明 首相になれば強制起訴困難 憲法上では 民主代表選

産経新聞 8月27日(金)7時57分配信 

そもそも、総理大臣が同意しようが、しなかろうが、小沢氏の刑事責任に対する訴追の権利は妨げられない。

これに関しては、以前の記事小沢氏の出馬表明を冷静に受け止められないメディアと踊らされる国民で、詳解したように、憲法75条但書がある限り、この問題を大きく取り上げる意味は無いし、訴追に同意するから小沢氏が総理大臣に適当な人物という話にもならない

このように、記者の飯のタネになるような表面的な問題しか捉えられず、中身の無い情報を毎日繰り返し流しているマスメディアは百害あって一利ない。

読者の皆さんには、今回の"質問会"も、フリージャーナリストの方がノーカットで流している(リンク先はビデオニュースドットコムの映像)ので、生の情報に触れ、本当に討論会というにふさわしい運営方法や質問方法であったか、自分の目で確かめてもらいたい。

引き続き今回も紹介します。

マスメディア、特に、新聞の記事の下らなさに落胆し、購読を辞めようかと考えている方には朗報です。

新聞はテレビ欄だけあれば良いし、でもスーパーのチラシが欲しいから、仕方なく取っているという方は、以下のサービスが有益かもしれません。

リクルートがテレビ欄とチラシのみを配達するサービスを実施するそうです。しかも無料。興味がある方は以下をご確認ください。

*下記のバーナーをクリックすると、ポイントが入りランキングに反映され、多くの方に閲覧されるチャンスが増えるようです。この記事を読んで、他の人にも広めたいと思った方は、クリックしてみてください。

にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学へ
にほんブログ村

|

« 消費税発言への反省がゼロの菅首相 | Main | 鈴木宗男氏の刑事事件に対する最高裁決定をめぐる議論 »

日本の政治」カテゴリの記事

Comments

お陰で2時間の「討論会?」の後に残った違和感・後味の悪さの原因が良く理解できました。 日本のマスコミが後進国以下である理由もよく分かりました。 有難うございました。 ところで、一昨日の「共同会見」で、菅首相が急に激しく財務省批判を始めて驚かされましたが、マスコミはこの件に一言も触れていません。また、昨日の公開討論会では、菅首相は財務省批判については一言も触れませんでした。これは何故でしょうか? こちらの最後の方(最後の30秒間ぐらい)にそのすごい発言があります。http://www.youtube.com/watch?v=TeE6zAwPXi8

Posted by: fukatakesi | 09/03/2010 at 03:47 AM

無茶苦茶同意です。Twitter上で自分も不満をぶちまけましたがwビデオニュースから私も全部見ましたが、記者の質問タイムになってからイライラ感が半端なかったです。ゴミ売テレビの老害が偉そうに自身の感情論と勝手な思い込みで国民を代弁してるかのようにやたら長く話始め出したときには、「誰かこいつをつまみだせ」というひとはいなかったのかと。フリーの方に質問権は相変わらずないし、この談合記者共はホントに国民の敵以外の何物でもないと再認識しました。小沢さんもなんかいろいろ呆れて半笑いな感じでしたが。。何であんな老害がやたら質問したり話す時間あるのかそもそも意味不明です(誰が決めてんのか?)。ああいう老害がマスコミで大きい顔してる以上、まぁ近い将来沈んで自滅するのは目に見えてますね。政策の不合理性や非妥当性を突くのがおそらく無理なんでしょうね。頭悪いし、そもそも勉強してないから理解できない(官僚によるレクチャーで洗脳されてるだけで)。昔、欧米に留学してた知り合いから聞いたことある話ですが、その人はある大新聞社の海外支店の記者がよくきていたというカフェでバイトしてたことがあって、割とその記者たちの動向を垣間見ることがあったらしいのですが、まぁとにかく特権意識的なものがかなり強烈だったって言ってました。「同じ日本人でもオマエらワーキングホリデーで海外来てるような連中とは違うんだ」って感じがひしひしと伝わって、無茶苦茶態度がでかかった、とか。特権意識ってのは間違いなくあるでしょうね。記者クラブがそれをさらに増大させているっていう。それが能力と追いついていればまだしも、ものの見事に反比例してるから、外務省のオープン会見なんかでは、それ見てる国民から「アホな質問ばっかすな」てニコ動でコメント書かれまくって、既存マスコミの記者は誰も質問しなくなるっていう情けなさをさらしてたぐらい。まぁほんとしょーもないです。日本の不況の原因はこいつらかもしれないw

Posted by: | 09/03/2010 at 11:36 AM

私も見ていましたが、仰るとおりでしたね。誰と誰が討論してるんだか…今度から(ない事を祈りつつ)タイトルは「記者クラブ主催」から「記者クラブ主役」に変えたほうが宜しいかと

Posted by: | 09/03/2010 at 03:33 PM

メディアへの批判に同意です。
戦前戦中の世論誘導の言論・報道と本質は変わらないように思います。
TVの街頭インタビューなどで、メディアが垂れ流すコピーをそのまま言う市民を見ていると、何の疑いも無く受け入れてしまう人が多いことにがっかりします。
「認識せずして批評すること無かれ」とは誰の言葉か忘れましたが、意図的なメディアはともかく、我われ市民はまず自らで認識をする努力と批評するための哲学と良心を鍛えていきたいものです。

Posted by: 夕焼け | 09/03/2010 at 04:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/49325025

Listed below are links to weblogs that reference 討論とはいえない日本記者クラブの公開討論会:

« 消費税発言への反省がゼロの菅首相 | Main | 鈴木宗男氏の刑事事件に対する最高裁決定をめぐる議論 »