« 新司法試験の実施方法の変更と法曹教育問題 | Main | ファックスのペーパーレス化は歓迎! »

06/23/2010

私が民主党を支持できなくなった理由

明日、参議院議員選挙が公示されますね。

菅政権が発足以後、様子を見てきましたが、現在までのところ私は菅・民主党政権を支持できないという結論に達しつつあります。

理由は以下の通りです。

1.マニフェストの変更、修正に対し、国民、有権者に対して、なぜ修正するのかを十分説得しておらず、自民党時代の御都合主義と全く変わらない。

2.取り調べの可視化が取りざたされて久しいにもかかわらず、一律実施を見送るだけでなく一部実施についても今後検討ということだけで、何一つ改善する意欲が感じられない。また、その先頭に立つ法務大臣が不適格である。

3.鳩山政権の総括を国民に対しておらず、沖縄問題に対する、沖縄県民への裏切りに対する反省を一切していない。また、国内の県外移転の可能性を模索して、負担軽減を図る具体的な姿勢も見て取れない。

4.増税の前に、国会議員の無駄をなくす努力が一切ない。

5.官房機密費に対する動きが一切ない。

6.パフォーマンスばかりで、本質的な政権交代の意義を解っていない行動が目につく。

7.自民党の議員と同様に、憲法知識が極めて乏しいにもかかわらず、現行憲法の範囲での議論もないまま、改憲という結論を先行させようとしており、極めて従来の自民党的色彩が強くなっている(ちなみに、阪口弁護士も憲法改正には反対のようです。)。

8.公務員の早期退職推奨を禁止すると言っていたにもかかわらず、何の説明もなく、直ぐにマニフェスト等で訴えてきた内容を変更しており、有権者を裏切っている。

9.従来の鳩山政権同様、閣僚の重みが無い。好き勝手なことを言っており、内閣としての意思決定に疑問がある。

以上の理由から、私は、今のところ、菅民主党を支持できません。

したがって、私は、おそらく、参議院選には民主党にも、今までの期間に問題を解決せず棚上げにしてきた自民党、公明党にも投票しないでしょう。

ただ、これだけ民主党に対する不満があるにもかかわらず、批判票のまともな受け皿になる政党が存在しないのは残念でなりません。

とにかく、まともな候補者を立てる、まともな政党がないというのが今日本の一番の問題点ではないでしょうか。

ここは、いっそのこと、悪魔に魂を売り渡すような気持ちで、共産党に投票することで、不満の意思表示を示すことも考えるべきなのかとも、自問自答しています。

共産党が議席を増やして、参議院において、キャスティングボードを握れば、参議院の過半数確保のために、政治は混乱するでしょう。下手な政策が過半数という数の前にドンドン実行されるより、ましかもしれません。

また、民主党や自民党および自民党系新党など不甲斐ない政治家に対して喝を入れることになるのかもしれません。

ただ、共産党について、私は、党是はもちろんのこと、エリート主義等々の固有の問題点があると感じており、どうにも自分が支持しない理念を持っている政党に、既存大政党への批判票として投票するというこの結論は、悪魔に魂を売り渡しているような気持ちになってしまいます。

そうであるならば、選挙に行かないという判断もあるべきなのかもしれません。

私は、投票日まで、投票すべき政党、候補者がいるのか、選挙に行かないという結論にすべきかじっくり悩んで結論を出そうと思います。

今回選ぶ参議院議員は、6年間も、税金から報酬を受け、法案、予算、条約等々の是非に対する意思表示を行う人間です。辞任しない限り、6年間もそのような重責を担うわけです

思考停止せず、自分の意思で考えて、投票行動を起こすこと(選挙に行かないことも含めて)が、権利であり、公務であるという性格の選挙権の行使として、憲法が国民に期待することなのかもしれません。

さて、図書の紹介ですが、改憲を主張する、立法者を目指す候補者の方には、ぜひとも、高橋先生などのスタンダードな憲法の基本書で、基本的知識を入れ、憲法解釈がなんたるかを考えてほしいものです。

*下記のバーナーをクリックすると、ポイントが入りランキングに反映され、多くの方に閲覧されるチャンスが増えるようです。この記事を読んで、他の人にも広めたいと思った方は、クリックしてみてください。

にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学へ
にほんブログ村

|

« 新司法試験の実施方法の変更と法曹教育問題 | Main | ファックスのペーパーレス化は歓迎! »

日本の政治」カテゴリの記事

Comments

投票しない=ロバのベンジャミン、じゃないでしょうか。

さて、なぜ国民新党が候補に上がらないのでしょう?
民主、自民、共産などよりは、はるかにまともな党だと思いますが。

Posted by: 愛読者 | 06/24/2010 at 04:42 AM

新聞・ネットでそれぞれ世論調査なるものを行っていますがそれぞれにおいて民主優位のようです。
これらの人は一体民主党に何を期待しているのか理解に苦しみます。

政権を取ってまだ一年しか経っておりませんが、先日参院選に向けた民主党マニフェストは一年前から大幅に後退しました。その一件だけでも民主党の持つ本質は十分に見えたはずです。
自民も褒められたものではありませんが理想論だけで現実を直視しない民主よりかは遥かにマシだと思ってます。

Posted by: Public_comment | 06/24/2010 at 11:41 AM

 06/04の記事を拝見し、あわせて今読み返しております。菅新政権は脱線しているのでしょうか。
 これでは困ると思う有権者であれば、今後議員に何を要求すべきなのか、投票行動で示すだけというのも消極的ではないかと思うのですが。
 そもそも、公約の実行力不足と旧来の政権と変わらない姿が政権交代の意義を薄くしたのではないでしょうか。与党になって実状を知るにつけ、野党時代に主張していた問題は誤解だったと自白するみたいで、消費税増税さえ平気になったようです。

Posted by: 善良な有権者 | 06/24/2010 at 09:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/48660045

Listed below are links to weblogs that reference 私が民主党を支持できなくなった理由:

« 新司法試験の実施方法の変更と法曹教育問題 | Main | ファックスのペーパーレス化は歓迎! »