« NHKの目玉が無事来日―海外メディアも速報 | Main | Susan Boyle did a great performance in Japan »

12/30/2009

海外メディアから見るNHK紅白歌合戦

スーザン・ボイルさん効果により、海外メディアもかなり日本の紅白歌合戦について詳しく紹介している。

実際、来日したスーザン・ボイルさんについて、日本のメディアより海外メディアの報道の方が詳しい記事が多い。

例えば、空港に押し掛けたファンの中に、ボイルさんにプロポーズした男性がいたとイギリスの大衆紙ミラーと同国の芸能情報サイトSTVが伝えている。

ミラー紙によれば、プロポーズした男性は2人ほどいたようである。花束を持って「結婚してください」と叫んでいた紳士がいたそうだ。

これらのメディアは、空港で、7時間ボイルさんの登場を待っていたという56歳の秋山花子(漢字に間違いがある可能性あり)さんという女性ファンの証言として伝えている。

記事は、秋山さんが、ボイルさんを待ち受けるファンやメディアの姿について、1966年のビートルズの来日以来の凄さであると語ったと伝えている。

海外メディアの報道は、これだけではない。

イギリスの他のメディアは「スーザン・ボイルに日本が熱狂」と題した記事で、来日の様子を伝えている。

また、タブロイド紙ではない、イギリスのまともなメディアもこの話題をしっかり取り上げている。イギリスのインディペンデント紙は紅白歌合戦の視聴率低迷についてまで触れ、「スーザン・ボイルが紅白に新たな命を吹き込む」と題している。

インディペンデント紙は、紅白歌合戦が当初は視聴率が80%の国民的番組であったことに触れ、1972年以来80%から視聴率は下がり始め、1989年には50%以下に下がっていることにも言及。

同紙は、紅白歌合戦に外国の歌手が出場できるのは、サラ・ブライトマンさんやシンディー・ローパーさん、ポール・サイモンさんなど例外的であることを強調した上で、「スーザン・ボイルさんは、過激なで胸の谷間を強調した服装で有名な日本の歌手、倖田くみ(27歳)さんと同じチームで歌合戦で競争する」と報じている。

なお、「スーザン・ボイルが相撲の地へ」っていう題名の記事で報じるスコットランドのメディアもあり、かなりふざけているが、良くも悪くも日本が世界の芸能情報の注目の的になっているのは確かである。

にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学へ
にほんブログ村

*上のバーナーをクリックすると、ポイントが入りランキングに反映され、多くの方に閲覧されるチャンスが増えるようです。この記事を読んで、他の人にも広めたいと思った方は、クリックしてみてください。

Boyle to breathe new life into Japan's Red and White Battle

Relax News

Wednesday, 30 December 2009

Susan Boyle, the Scottish singer whose first album has become the best-selling debut in British chart history, has arrived in Japan to breathe new life into the flagging "Red and White Song Battle" on television here.

Boyle - who stunned the audience and judges when she appeared on the Britain's Got Talent show in April when she sang "I Dreamed a Dream" from Les Miserables - was applauded by fans and accepted bouquets after arriving at Tokyo's Narita Airport on Tuesday morning.

As she was being escorted through the airport, 48-year-old Boyle turned down a request from a TV company to give a rendition of her trademark song, saying her fans would have to wait until New Year's Eve.

Also well-known in Japan - thanks largely to her television performance becoming a worldwide hit on YouTube - Boyle's invitation to appear at the annual music extravaganza, known here as Kohaku Uta Gassen, is an effort to boost its popularity.

The show - which pits a group of male singers against their female counterparts to ring out the old year - first went out over the radio back in 1951 before switching to TV. It has attracted more than 80 percent of the nation's viewers in its heyday. The 80 percent figure has not been neared since 1972, and it fell below 50 percent in 1989.

Today, rival commercial channels have sufficient financial clout to put on programs that compete, while the internet and computer games have won over a large proportion of people who would have watched the program a generation or two ago.

The show runs for nearly four-and-a-half hours, and the honor of taking the stage at the NHK Hall in Tokyo is strictly by invitation and focuses primarily on homegrown talent, although previous foreign participants have included Paul Simon, Sarah Brightman and Cyndi Lauper.

Boyle will be competing alongside Kumi Koda, the 27-year-old singer who has been credited in Japan with starting the trend for revealing increasing amounts of cleavage and making the wearing of lingerie in public more acceptable.

The show, which will finish shortly before the stroke of midnight, will also feature a tribute to the late Michael Jackson.

http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/news/boyle-to-breathe-new-life-into-japans-red-and-white-battle-1852985.html

|

« NHKの目玉が無事来日―海外メディアも速報 | Main | Susan Boyle did a great performance in Japan »

海外の生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/47154756

Listed below are links to weblogs that reference 海外メディアから見るNHK紅白歌合戦:

« NHKの目玉が無事来日―海外メディアも速報 | Main | Susan Boyle did a great performance in Japan »