« 自公の強行採決とは質的な違いがある ― 自民党議員はもっとしっかりしろ | Main | イギリス人は二人組を好む ― Ant and Decの任天堂CMが人気 »

11/22/2009

Susan BoyleがAmazonの歴史を変える

このブログでは、国内外の政治社会問題を取り上げると同時に、音楽を中心とした海外のエンターテイメント情報も提供してきた。

それに代表されるのが、イギリスのテレビ番組、「Britain's Got Talent」でのデビュー以来補足してきた、スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんに関する話題である。

既に多くの皆さんが御存じのように、今年4月に番組が放送され、Youtubeで空前の話題を巻き起こしたボイルさんは、教会ボランティアとして働く無名の女性であった。

そんな彼女が、Youtube上で空前の再生回数を記録し、話題になったのは記憶に新しいだろう(こちらがスーザン・ボイルさんが最初に登場したYoutube上の動画)。

彼女が今度はインターネット小売業の大手アマゾン社(Amazon.com)の歴史を塗り替えたらしい。

ボイルさんのCDアルバムの先行予約数がアマゾン社の歴代1位に輝いた

インターネットの動画投稿サイトYoutubeで空前のブームを巻き起こしたボイルさんが、同じインターネットの販売大手であるアマゾン社で、歴代1位の先行予約数を記録したというのは、インターネットが人気爆発に一役買っただけあって、因果を感じる。

インターネットユーザーが彼女の人気を支えているということであろう。

テレグラフ紙電子版は、アマゾン社のCD販売部門の責任者であるジュリアン・モナガーン(Julian Monaghan)氏の以下のコメントを紹介している。

8か月前まで誰も彼女のことを知りもしませんでした。それが今や先行予約数で未だかつてない記録を作り出しています。

これは本当に信じられない成功です。これは、彼女が、アメリカ人やイギリス人、そして世界中の人々の心をつかんだということを示しているのでしょう。

さらに、同紙によれば、コロンビア・レコード社のスティーヴ・バーネット(Steve Barnett)会長は、「スーザン・ボイルさんのとても独特な点は、世界中の人の心に感動を与える彼女の能力である。私たちは、アマゾン社の先行予約数の歴代1位になったということ、そして、アマゾンの利用者がそうした記録を打ち出すことで、スーザン・ボイルさんへの支持をしてくれていることにとても興奮している。」とのコメントを発表している。

また、同紙は、日本のアマゾン利用者にも言及している。

同紙によれば、スーザン・ボイルさんに続く歴代先行予約数2位と3位のCDアルバムは、日本で限定販売された、2007年のノラ・ジョーンズさんのアルバムと2008年に販売されたイギリスのボーイバンドTake Thatのアルバムだという。

つまり、日本のアマゾンユーザーがこの先行予約数に大きな寄与をしているという事実が解る。記事には言及されていないが、もしかすると、ボイルさんの今回の記録には、日本のファンもかなり寄与しているのかもしれない。

現時点(11月22日午前0時)での日本のアマゾンの音楽部門売り上げランキングでは、日本語版が12位で、アメリカ版が16位となっている。

先日、日本でも報じられたが、ボイルさんは、学習障害が理解されず、学生時代に受けたいじめや体罰の経験を語っている。私はボイルさんのこのインタビューに際し発した以下の発言が少し気になった。

''I'm just I'm a wee bit slower at picking things up than other people. So you get left behind in a system that just wants to rush on, you know? That was what I felt was happening to me.

私はほかの人と比べると物事を理解するのにほんの少し遅いの。だから、ドンドン詰め込んだり、急ぐようなシステムの下では取り残されてしまうのよ。わかるでしょ?それが私に起こったことだと思うの。

現在、競争原理、市場至上主義がもたらしている弊害が注目されている中で、ボイルさんの成功は、そうした競争原理や市場至上主義のようなものでは測れない成功をしたことにもその意義を見出せるかもしれない。

競争システムの中では、取り残されるような人物であったため、他の人にはない素晴らしい能力があったにもかかわらず、無視され続けた。その結果、彼女の能力は今まで発揮されることがなかった。

しかし、ボイルさんは歌うことを続けた。そして、「Britain's Got Talent」という番組に出演したことを契機にして、彼女の歌声がYoutubeで取り上げられ、その歌声に多くの人々が心を打たれ、感動した。

こうした彼女のサクセスストーリーには、既存のマーケティングなどの市場の知識からは図れないものを私は感じる。

なぜならば、ボイルさんも、英国の名プロデューサー、サイモン・コーウェル氏も、番組の予選段階で、これだけの注目をボイルさんが集めるとは予期していなかったはずである。いわば、勝手にインターネット上で、言語の壁を越え空前のヒットを飛ばしたわけである。マーケティングなどの小細工をしなくても、彼女の歌声が広く人々の心を捉えた結果の成功だと考えるのが自然であろう。

すなわち、インターネットという新たな情報伝達手段が、競争社会では発掘できなかった彼女の才能を世界中の人々に広め、彼女に歴史的な成功をもたらしたのである。

一時期は精神的ストレスが心配されたボイルさんであるが、最近はイギリスメディアのインタビューに対し、当時を振り返って、①精神病のクリニックに入院したことはもう良く覚えていないが相当なストレスが当時かかっていたこと、②当時の彼女には目の前にカメラがない時間が必要だったこと、③自分でも醜いアヒルの子が白鳥のように変身したように感じていること、④外見は多少磨かれたと思うが内面はあまり変わっていないことなどを語っている。

内面が変わっていないというのは本当のようである。英国メディアによれば、彼女は10万ポンドの大金(契約料のみ)を手にしても生まれ育った今の家を離れ、どこか良いところに引越すつもりはないとのこと。猫のペブルスがこの家を離れるのは嫌がるというのが理由らしい。家族が30年以上住んできた現在の借家の家を買い取ることを考えているそうである。大金を手にしたり注目を浴びて一変しないのにも好感がもてる。

こちらが、ボイルさんのCDアルバムの一部である。

本当に美しい歌声をしており、ダイレクトに心に響いてくる感じがする。

私は、ボイルさんの歌う、「I Dreamed a Dream」は、邦題の「夢破れて」という感傷的なものではなく、夢を持ち続けることの大切さ、諦めない信念の重要さを我々に教えてくれているような気がしてならない

Amazonでは、イギリス輸入版、アメリカ輸入版、日本オリジナル版の3つが販売される予定で、発売日は11月23日月曜日となっている。

アメリカとイギリスからの輸入版は全12曲のようで、以下の曲が含まれている。

1. Wild Horses
2. I Dreamed A Dream
3. Cry Me A River
4. How Great Thou Art
5. You'll See
6. Daydream Believer
7. Up To The Mountain
8. Amazing Grace
9. Who I Was Born To Be
10. Proud
11. The End of The World
12. Silent Night

親しみのある良い曲が選ばれている。

アメリカ輸入版

イギリス輸入版

そして、日本版は曲が1曲多く収録されている。ただ値段も輸入版に比べれば1000円近く高い。

ディスク:1

1. ワイルド・ホース

2. 夢やぶれて

3. クライ・ミー・ア・リヴァー

4. 偉大なるかな神(輝く日を仰ぐとき)

5. 愛をこえて(ユール・シー)

6. デイドリーム・ビリーバー

7. アップ・トゥ・ザ・マウンテン

8. アメイジング・グレイス

9. フー・アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ビー

10. プラウド

11. この世の果てまで(ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド)

12. きよしこの夜

13. 翼をください~Wings To Fly

日本版

できれば、1曲多い日本版を聞いてみたい。

ただ、円高の恩恵を受けるためにも、輸入版で購入するという選択肢も捨てきれない。身近なところで円高の恩恵を感じることができる良い例ではないだろうか。

どちらのバージョンにもクリスマス向けの曲が入っているので、今年はアメリカンドリームならぬブリティッシュドリーム(インターネットドリームと言うべきかもしれない)をつかんだ女性の歌声を聞きながらクリスマスを過ごすのも良いかもしれない。

私も早速購入の予約を入れました。

アメリカの雑誌Peopleの電子版によれば、このアルバムの発売イベントとして、ボイルさんは月曜日からニューヨークに滞在予定とのことである。今回が初めてのニューヨーク訪問になるらしい。NBCテレビの番組に出演し、スタジオの近くであるロックフェラーセンターで、彼女のCDから3曲が生で聴けるとのことである。

にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学へ
にほんブログ村

*上のバーナーをクリックすると、ポイントが入りランキングに反映され、多くの方に閲覧されるチャンスが増えるようです。この記事を読んで、他の人にも広めたいと思った方は、クリックしてみてください。

Susan Boyle album breaks global record with biggest pre-order in Amazon history

By Alastair Jamieson
Published: 9:33AM GMT 19 Nov 2009

The worldwide success of the album, released on November 23, is the latest milestone for the Scottish church worker who came second in the contest but became an internet star for her performance of I Dreamed a Dream from Les Misérables

Julian Monaghan, head of music buying at Amazon.co.uk, said: "Just eight months ago, no one was aware of the talents of Susan Boyle. Now, she has generated more Amazon pre-order CD sales globally than any other artist.

"That is an incredible achievement and is testament to the fact that she has captured the hearts of people all over Britain, America and the rest of the world.”

Steve Barnett, chairman of Columbia Records, said: "One of the things that is so unique about Susan Boyle is her ability to touch people around the world. We’re excited that I Dreamed a Dream holds the new record for global pre-orders and that Amazon’s customers have supported her album in this way.”

The second and third most pre-ordered albums were local releases in Japan, with Norah Jones' 2007 album Not Too Late in fourth and Britain's Take That in fifth with Never Forget: The Ultimate Collection from 2008.

Boyle, 48, recently spoke about being beaten by teachers during her school days and taunted for her learning difficulties.

She said: "'I was often left behind at school because of one thing or another. I was a slow learner.

''I'm just I'm a wee bit slower at picking things up than other people. So you get left behind in a system that just wants to rush on, you know? That was what I felt was happening to me.

''There was discipline for the sake of discipline back then. But it's all very different now. I think teachers are taught to understand children with learning disabilities a lot better.''

The church volunteer, from Blackburn, West Lothian stunned audiences with her rendition of I Dreamed A Dream on the ITV show.

She came second in the competition, behind dance troupe Diversity, but won over fans around the world including Demi Moore and Elaine Paige.

She initially struggled with her sudden fame, and checked into The Priory for exhaustion following the show.

|

« 自公の強行採決とは質的な違いがある ― 自民党議員はもっとしっかりしろ | Main | イギリス人は二人組を好む ― Ant and Decの任天堂CMが人気 »

海外の生活」カテゴリの記事

Comments

100000hits おめでとうございます!

Posted by: takuya | 11/22/2009 at 11:00 PM

久しぶりに書き込みます。
Susan Boyle さんのCDのダイジェスト版を聞かせていただきました。期待以上の歌声に感動しました。Wild Horses が特にいいですね。

Posted by: MS | 11/24/2009 at 12:21 AM

>Takuyaさん
コメント有難うございます。
こっちに移転してから1年経たないですが、10万人を超えましたね。御支援有難うございます。

>MSさん
お久しぶりです。
Wild Horses良いですね。

ダイジェストを聞いて、私はI dreamed a dreamのバック演奏とボイルさんの声がマッチしているのも気に入りました。
あと、Amazing GraceやDaydream Beliverも聞いてみたいです。
まだCDが届かないので、楽しみにしています。

Posted by: ESQ | 11/24/2009 at 09:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/46820345

Listed below are links to weblogs that reference Susan BoyleがAmazonの歴史を変える:

» スーザン・ボイルさんのCDアルバムに予約殺到 [カナダde日本語]
スーザン・ボイルさんの大ファンである『Nothing Ventured, Nothing Gained.』のESQさんが、「Susan BoyleがAmazonの歴史を変える」というエントリーで、ス... [Read More]

Tracked on 11/29/2009 at 01:23 AM

« 自公の強行採決とは質的な違いがある ― 自民党議員はもっとしっかりしろ | Main | イギリス人は二人組を好む ― Ant and Decの任天堂CMが人気 »