« 思想の自由市場に寄与できるか | Main | 企業年金の支給額は減額できないのか? »

11/06/2009

アメリカで気候法案が成立に向け前進(鳩山イニシアティブに追い風か)

日本でも一部のメディアや識者から批判の強い鳩山イニシアティブだが、アメリカでは、温室効果ガス削減に向けた取り組みが連邦議会にて具体化し始めた。

AP通信の報道によると、議会上院において、民主党が提案している気候法案(Climate Bill)の成立に向けた動きが活発化している。

上院の環境・公共事業委員会は委員長であるバーバラ・ボクサー議員(民主党)が「未だ法案がアメリカ経済に与える打撃について検証されていない」という共和党の抵抗を考慮し、気候法案の委員会採決を先延ばしにしてきたが、上院民主党が早期採決を求めて動議を提出したことをうけ、共和党議員が欠席する中、11対1で委員会採決が行われた。

これにより、アメリカ史上初めて温室効果ガスの削減目標を定めた法案が成立に向け第一歩を歩み出した。

.今回の法案は2004年の大統領選の民主党候補でもあったマサチューセッツ州選出のジョン・ケリー議員らにより、9月下旬に提案されたもので、ケリー上院議員は「共和党のボイコットにもかかわらず、この法案が成立に向け一歩進んだことを嬉しく思う」とのコメントを発表している。

ただ、法案を問題なく成立させるには、100議席中60人の賛成が必要となる。なぜ、過半数以上の60人が必要かと言うと、アメリカ上院にはフィリバスターと言う制度があるためである。

このフィリバスター(filibuster)というのは、法案の本会議における議決をする前に、上院議員が一人で演説する限り、採決はできないという合衆国憲法により定められた制度。

つまり、たった一人の意見で、法案の採決を妨害できる。上院というのは、各州から2人ずつ選出され、各州を代表する議員により構成され、元々の性格は元老院のようなものであるため、非常に強い権限がある。

このような上院議員の性格上、フィリバスターにより、その議員の体力が尽きるまで、多数派の横暴を防止しようという多数決民主主義への歯止めとして用意された立憲民主主義の性格が強い制度である。

しかし、たった一人によって、議会が機能不全に陥ることもしばしばあった。

そこで、現在では憲法が修正され、60人以上の賛成があれば、フィリバスターを止めさせることができる。

そこで、現在でも60人の賛同を得られる法案でなければ、成立が困難だといわれているのである。

今回委員会採決では、民主党議員の1人が採決に反対した。

反対したのは、モンタナ州選出のマックス・バウカス(Max Baucus)議員で、同氏は2020年までに温室効果ガスを20%削減するという現在の法案は法案可決に必要な60票を獲得するのが難しいとし、17%に下げるべきと主張している。

もっとも、同議員も「他の国が20%近い目標を採用する場合は、20%の削減目標にすべき」、「私は上院で可決できる法案を目指しているにすぎない」とも言っており、同議員が抵抗勢力として、法案化阻止に向けた民主党の内部対立を引き起こす意図はないようである。

今回の法案について、ペンシルバニア州選出の民主党のアーレン・スペクター(Arlen Specter)上院議員は、「他の先進国に対して、同じような削減目標を採用するように促すシグナルになる」とも語っているように、鳩山首相が2020年までに25%削減という目標を掲げたことに対する追い風になることは間違いないだろう。

いわば、鳩山イニシアティブがアメリカ国内の民主党リベラル派の追い風になり、そして、今回の上院での法案化の進捗具合が、今度は逆に日本の国会における法案化の追い風になるという関係にあると言えるのではないだろうか。

したがって、今後、鳩山イニシアティブに対する批評をする場合、アメリカ議会の動きも考慮した世界の流れを注意深く見なければ、「井の中の蛙」として、遅れた発想というレッテルを貼られてしまうかもしれない。

にほんブログ村 政治ブログ 法律・法学へ
にほんブログ村

*上のバーナーをクリックすると、ポイントが入りランキングに反映され、多くの方に閲覧されるチャンスが増えるようです。この記事を読んで、他の人にも広めたいと思った方は、クリックしてみてください。

Senate Democrats advance climate bill without GOP

WASHINGTON – Ignoring a Republican boycott, Senate Democrats pushed a precedent-setting climate bill through a key committee Thursday.

Rep. Barbara Boxer, chairman of the Senate Environment & Public Works Committee, had delayed the crucial vote for days because of a Republican protest over whether the cost of the legislation had been fully examined. But the California Democrat moved quickly to pass the bill, which for the first time would set mandatory limits on heat-trapping gases, without any of the seven GOP senators on the panel present. The measure cleared the panel on a 11-1 vote.

Boxer said the Republican demand for more analysis was "duplicative and waste of taxpayer dollars."

"Advancing the bill is a necessary step on the road to garnering the 60 votes we need," said Boxer, who introduced the bill along with Sen. John Kerry, D-Mass. in late September. "We are pleased that despite the Republican boycott, we have had the will to move this bill forward."

Of the 11 Democrats present at the vote, only one — Sen. Max Baucus, D-Mont. — voted against the legislation, saying that concerns he had with the bill were not fully addressed. The "yes" vote of Sen. Tom Carper, D-Del., was added after the vote.

Baucus specifically cited the bill's call for a 20 percent reduction in greenhouse gases by 2020. He said he would like to see that target lowered to 17 percent, with a trigger to raise it to 20 percent if other countries adopted similar measures.

"I am going work to get climate legislation that can get 60 votes through the U.S. Senate and signed into law," Baucus said.

To move the bill out of committee without Republicans present meant the Democrats could not amend the legislation, and many Democrats on the panel expressed disappointment that they did not have a chance to improve the bill.

"The failure of the Republicans to participate means we cannot offer amendments. This is a very good start, but as the chair has acknowledged it is a start and only a start," said Sen. Arlen Specter, D-Pa. "It is regrettable that we could not move forward in a more constructive way."

Specter said that the vote would send a signal to other countries in advance of a climate change conference next month to hammer out a new international treaty.

"It is not the best signal, but it is a signal that the Senate is ready to move forward," he said.

http://news.yahoo.com/s/ap/20091105/ap_on_bi_ge/us_climate_bill

|

« 思想の自由市場に寄与できるか | Main | 企業年金の支給額は減額できないのか? »

アメリカ政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/46685606

Listed below are links to weblogs that reference アメリカで気候法案が成立に向け前進(鳩山イニシアティブに追い風か):

« 思想の自由市場に寄与できるか | Main | 企業年金の支給額は減額できないのか? »