« 交渉拒絶は住民のエゴ(八ッ場ダム問題と報道について) | Main | Ant and Decの人気は絶頂(任天堂もあやかりたい?!) »

09/26/2009

スーザン・ボイル(Susan Boyle)さん、CDデビューでアメリカ進出への布石

最近政治などの硬い話題が多かったので、今日は海外のエンターテイメントの話題(MTVの記事を参考に)。

既に、ご存じの人も多いかもしれませんが、イギリスのテレビ番組、「Britain's Got Talent」とYoutubeで、有名になった、スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんがアメリカのテレビ番組、「America's Got Talent」の決勝戦でゲストとして出演したそうです。

アルバムデビューを前に、その宣伝も兼ねてなのか、アメリカ進出への布石とみられているようです。

この「America's Got Talent」という番組はボイルさんがイギリスで出演したコンテスト番組のアメリカ版です。

ボイルさんはこの番組の中で、11月に発売されるCDアルバムの中の曲に収録されているといわれている、ローリング・ストーンズの「Wild Horses」のカバーを披露しています。

以下、この曲の歌詞です。

Childhood living is easy to do
The things you wanted I bought them for you
Graceless lady you know who I am
You know I cant let you slide through my hands

Wild horses couldnt drag me away
Wild, wild horses, couldnt drag me away

I watched you suffer a dull aching pain
Now you decided to show me the same
No sweeping exits or offstage lines
Could make me feel bitter or treat you unkind

Wild horses couldnt drag me away
Wild, wild horses, couldnt drag me away

I know I dreamed you a sin and a lie
I have my freedom but I dont have much time
Faith has been broken, tears must be cried
Lets do some living after we die

Wild horses couldnt drag me away
Wild, wild horses, well ride them some day

Wild horses couldnt drag me away
Wild, wild horses, well ride them some day

やはり、ボイルさんの歌声は、本当に不思議な心地よさと力強さがあり、なんとも言えない魅力を感じます。

このブログでも紹介しましたが、米国、Amazon.comの売り上げランキングで現在も1位をキープしている、スーザン・ボイルさんの待望のデビューアルバムは全世界で11月24日(イギリスでは23日に先行販売)に発売です。

ぜひ興味のある方は、予約して購入されることをお勧めします。

また、イギリスのガーディアン紙によれば、アイドル・ポップ・グループのTake Thatの元メンバーで、イギリスを中心にヨーロッパで人気の歌手、ロビー・ウィリアムズ(Robbie Williams)とスーザン・ボイルさんが、「クリスマス向けのCDアルバム売上第1位」のタイトルをめぐって、競争していると報じています。

既にイギリスでは、賭け屋(ブックメーカー)が2:5で、ボイルさんの優勢と見るオッズをつけるなど、ボイルさん人気は健在のようです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

*「にほんブログ村」というサイトがアクセス数のランキング等をつけてくれるらしく、ブログを書いてて張り合いを持たせるために登録してみました。上のバーナーやリンクをクリックされると、ポイントが入りランキングに反映され、多くの方に閲覧されるチャンスが増えるようです。この記事を読んで、他の人にも広めたいと思った方は、クリックしてみてください。

|

« 交渉拒絶は住民のエゴ(八ッ場ダム問題と報道について) | Main | Ant and Decの人気は絶頂(任天堂もあやかりたい?!) »

海外の生活」カテゴリの記事

Comments

ESQさん、
すっかりご無沙汰だったスーザンさんの話題をありがとうございます。

「Wild Horses」、スーザンさんは難しい歌をよく歌いこなしていますね。スーザンさんの待望のニュー・アルバム、ぜひ聞いてみたいです。

Posted by: 美爾依 | 09/27/2009 at 01:58 PM

美爾依さん

お久しぶりです。
いつもコメント有難うございます。

ボイルさんのCD、本当に楽しみですね。
未だに1位をアメリカのAmazon.comでキープしているというのも凄いと思います。

最近政治的な話題が多かったので、バランスを取りながら、様々な問題やニュースを既存のメディアとは別の視点でお伝えするというブログの趣旨が維持できればと思っています。

Posted by: ESQ | 09/28/2009 at 02:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/46317589

Listed below are links to weblogs that reference スーザン・ボイル(Susan Boyle)さん、CDデビューでアメリカ進出への布石:

« 交渉拒絶は住民のエゴ(八ッ場ダム問題と報道について) | Main | Ant and Decの人気は絶頂(任天堂もあやかりたい?!) »