« 生放送ならではのミス(Britian's Got Talentより) | Main | スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんの準決勝の視聴率が明らかに。 »

05/27/2009

Britain's Got Talent、準決勝3日目の結果です。

追記:著作権の問題があるため、一部の動画を除き、公式チャンネルの動画に入れ替えました。[2009年5月29日]

---------------

ボイルさんの準決勝の動画(Youtube上にあるもので、一番再生回数が多いもの)は、既に200万回を超えていました。まだ、二日程度しか経っていないのに凄い人気ですね。

ボイルさんの同じ動画はかなりの数が既にアップされているので、それらとITV公式サイトの動画の再生回数を合算するとどのくらいになるか、そろそろマスコミが報じ出すことかもしれません。

さて、「Britain's Got Talent」の準決勝三日目も様々なパフォーマンスをする人が登場しています。

①親子で裸ダンスを踊るパフォーマー

②12歳の歌手少年

③兄妹で13年間社交ダンスをするパフォーマー

④工事に使う手押し車を音楽に合わせて踊るパフォーマー

⑤「Rule Britania」というクラシック曲を歌いながら、フラワーアレンジメントをするパフォーマー

⑥激しいメイクアップと曲でダンスを披露する女性だけのダンスグループ

⑦不思議な声で人間サックスという楽器(?)の演奏をするパフォーマー

⑧ピンク一色でキャピキャピした二人組の歌

などが3日目の出場者です。

Youtubeにあった動画もアップしておきます。上記に埋め込みが無いものについては、ワーナー・ミュージック・グループ(WMG)が著作権に基づく削除申し立てをしたことにより、視聴不可能になっているものです。

ITVではなく、WMGがなぜ申し立てたのだろうと多少疑問に思ったのですが、音楽の著作権がWMGにあるということなのかもしれません。

世界的に話題になっている番組を見たいという要請と、インターネット上の著作権の問題というのを考える上でも面白い現象です。特に、スーザンボイルさんの世界的人気の裏にはインターネットパワーの存在が不可欠だったわけであり、音楽産業が今後生き残る上でもこの著作権の主張とインターネットとの共存というバランスをどう考えるのか、そして、この判断を専ら権利者に委ね続けるのか、など様々な世界規模での法的な問題がありそうです。

ところで、各パフォーマーの題名にあるリンクは、ITV公式サイトの動画へのリンクなので、Youtubeで見れない画像があれば、そちらで確認してください。

さて、3日目の結果はどうだったのでしょうか。

結果はこちらの公式サイトで確認できます。

http://talent.itv.com/videos/video/item_200254.htm

私は個人的には、もうポップな歌とポップダンスには飽きたので(そんなパフォーマンスは大衆受けするのかもしれませんが、この番組でなきゃ見れないものではないので)、①の親子や、同じダンスでも③の社交ダンスの兄妹、⑤のクラシック曲とフラワーアレンジメントなど今までにないパフォーマンスをした出場者が決勝に進んでほしいと思いました。

興味がある方は結果を見てみてください。

ちなみに、「歌に飽きた」という発言から、スーザン・ボイルさんもアマチュア歌手じゃないかという反論があるかもしれませんが、歌は歌でも、彼女の歌う歌は、他に登場している並みのアマチュア歌手とは違う良さがありますし、ポップな歌ではないので、何度聞いても私は飽きることはありません。

|

« 生放送ならではのミス(Britian's Got Talentより) | Main | スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんの準決勝の視聴率が明らかに。 »

海外の生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Britain's Got Talent、準決勝3日目の結果です。:

« 生放送ならではのミス(Britian's Got Talentより) | Main | スーザン・ボイル(Susan Boyle)さんの準決勝の視聴率が明らかに。 »