« 有識者会議の問題(もっと本質的な議論を) | Main | マナー違反は誰がやろうとマナー違反 »

04/03/2009

民主党の外部検証会議のメンバーについて

民主党が外部検証会議を設置したようですね。

郷原弁護士がメンバーなのには驚きましたが(そもそも今回の検察の対応には批判的だったので、そういう方が入るとは思っていませんでしたが)、私はそれ以上に驚いた人がいます(良い意味で)。

それは、櫻井敬子先生がメンバーにいたことです。櫻井先生は弁護士資格をもっており、かつ、東大系の行政法学者です。東大の法学部を経て(卒業と同じ年に司法試験に合格)、学習院大学の教授をされていますが、これはいわゆる超出世コースです。

日本の行政法というのは、憲法学者の美濃部達吉から始まり、その弟子が尊属殺重罰事件で、多数意見よりも説得的な意見を書いたことで有名な田中二郎最高裁判事により、今のような体系的なものになりました。

この田中二郎最高裁判事の門下生には有名な人が多く、藤田宙靖最高裁判事もその一人です。この田中二郎氏の弟子で、現在の行政法の通説的な立場の教科書の著者で知られているのが、塩野宏東大名誉教授です。

そして、この塩野教授の弟子が、櫻井敬子先生で、非常に明快な教科書を書かれる方です。とくに判例の解説や体系づけはわかりやすく、学者の著書には自己満足的で、無駄な解説が多く、読みにくいことがあるものですが、櫻井先生の本はそういうところがあまりありません。東大出身の学者で学習院大に行くコースは次世代の学会のメインストリーム候補であると言われています(もちろん、東大の助手→助教授というコースが一番良いコースだと言われていますが)。

このメンバーを見て、検察の対応に元々批判的な郷原先生が入っていることには、自民党支持者などから、「公平性がない」などの意見が出る可能性もありますが(もっとも、私は郷原先生の見解の方が公平だと思うわけですが)、この外部検証会議に、櫻井先生が入っていることは非常に価値のあるものだと私は考えています。

なぜなら、民主党の外部検証会議に、櫻井先生のような実務感覚があり、行政法のエキスパート中のでも超エリートといえる方が入っていることは、公正性、妥当性の見地からも、有意義なものになるような気がします。

公職選挙法や政治資金規正法もどちらかと言えば、刑事法規というよりは、行政法規的性格が強い側面もあるわけで、櫻井先生のような方がいることは、今後出される結論に対する信頼、安心感が違います。

そういう意味で、この委員会がどう機能していくかが今後注目すべきことかもしれません。民主党が十分に出された結論を取り入れる体制を作ることはもちろんですが、マスメディアも不用意な憶測報道をしないように、また受け手である国民もその憶測報道に左右されない姿勢が重要でしょう。

なお、櫻井先生の本に興味がある方(専門的な内容なので一般の方にはお勧めしませんが)は、下記のアフィリエイトを参考にされると良いと思います。

<民主党>「西松違法献金」検証、有識者会議を設置へ
4月3日19時25分配信 毎日新聞

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は3日の記者会見で、西松建設の違法献金事件を検証する「政治・検察・報道のあり方に関する有識者会議」を設置すると発表した。週明けに初会合を開き5月上旬をめどに報告書をまとめる。

 同党は当初、党内に調査チームを設置し、小沢一郎代表が巨額の献金を集めた経緯や使途なども調べることを検討していた。しかし「自分に都合良くやっているとしか思われない」(中堅)などの慎重論が出たため、所属議員をメンバーに入れず、外部に委嘱する形にした。

 鳩山氏は「(検察やメディアなど)各当事者の説明の内容を検証し、さらなる説明をどう行うべきか論じていただきたい」と、小沢氏の公設秘書逮捕に踏み切った検察の対応や報道内容などの検証に期待する考えを表明。「いちいちすべての中身を調査するということではない」とも述べ、小沢氏の政治資金の調査には消極姿勢を示した。

 会議のメンバーは以下の通り。

 郷原信郎・名城大教授(元検事)▽飯尾潤・政策研究大学院大教授(政治学)▽桜井敬子・学習院大教授(行政法)▽服部孝章・立教大教授(メディア法)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090403-00000077-mai-pol

|

« 有識者会議の問題(もっと本質的な議論を) | Main | マナー違反は誰がやろうとマナー違反 »

日本の政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 民主党の外部検証会議のメンバーについて:

« 有識者会議の問題(もっと本質的な議論を) | Main | マナー違反は誰がやろうとマナー違反 »