« アメリカの司法テレビ番組について2 | Main | チャーリーが指を噛んだ!(イギリスのほのぼのした動画) »

03/02/2009

ウィリアム・テルお母さん(Youtubeでヒットしたアメリカの母親の歌)

Youtubeの動画を無料でダウンロードできるツールができたらしい。

YouTube の動画を HD など画質ごとに無料ダウンロードできる「KeepHD」
3月2日13時34分配信 japan.internet.com

これは知っておくといいかも。

KeepHD は YouTube の動画をダウンロードできるツールだ。

ユニークなのは最近増えてきた HD など、画質ごとにダウンロードできる点。高画質で好きな動画を思う存分楽しむことができる。

また、モバイル端末用にすでに変換されているものもある。ダウンロードしてからいちいち自分が見る端末用に変換していた人にも便利だろう。

使い方は簡単で YouTube の URL を入れてダウンロードボタンを押すだけ。必要最小限のインターフェイスにも好感が持てる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090302-00000009-inet-inet

そこで、今回はアメリカのYoutubeで大ヒットした主婦出身のコメディアンが作った歌を紹介する。

ロッシーニのウィリアム・テル序曲はクラシックファン以外も一度は聞いたことがあるだろう。この曲を聴くと、「ハイオー、シルバー(Hi-yo, Silver)」という言葉を思い出す人も多いかもしれない。

「ローンレンジャー」というアメリカドラマでかつてテーマ曲となったことから、この曲を聞くと、西部劇やウェスタンを思い出したり、馬を連想する人もいるだろう。

この有名な、ウィリアムテル序曲に歌詞をつけて歌ったビデオが動画投稿サイトYoutubeで人気となり、2年くらい前からアメリカで話題のお母さんがいる。

その歌の名も「Monsense(母親の道理)」というものである。母親が1日24時間のうちに言う言葉を2分55秒のウィリアムテル序曲の終盤のメインパートの曲にまとめた歌である。

残念ながらまだ日本語に訳された動画は現れていないが、英字の歌詞が字幕出てているものはいくつかある。

その歌詞を聞いていると、典型的なアメリカン・マザーを思わせる反面、ある種かつての日本の教育ママをも連想させるもので、なるほど元気で教育熱心な母親のセリフや行動は世界共通であることを理解させてくれる。

オリジナルの作者はアニータ・レンフロー(Anita Renfroe)氏。アメリカのアトランタ州に夫と3人の子供と暮らしている普通の主婦だった彼女は、昨年にはアメリカABCの人気朝番組(Good Morning America)で、コメディアンとしてコーナーを担当している。

レンフロー氏によると、中国語やスペイン語の字幕が付いたものが既に出ているらしい。

まず、レンフロー氏によるオリジナルの映像はこちら。

多くの人が、彼女は早口な歌によく歌詞が理解できなかったと思う。歌詞も字幕でついていないので、オリジナル版では、外国人には理解しにくい。

そこで、別の歌手?(カナダ人歌手のジュード・ジョンソン氏という話もあるが・・・)による歌詞付きの動画は英語が少しできる人ならば、主要なところはわかると思うので、下の動画でチェックしてもらいたい。

英語が全く苦手。わからないという方は、こちらのWebsiteが機械で翻訳を試みたようである。「デスマス」調になっていて、かなり不自然な部分もあるが、おおよそこの歌詞の内容がつかめるのでぜひ見てもらたい。

自分の母親ならこういうかもしれないと思いながら読むとこの歌のユーモアがより分かるかもしれない。

個人的には、「友達がみんな屋根から飛び降りたら、あんたも飛び降りるの?」とか、「そんな子供みたいに振舞って、何歳だと思っているの!きっとお父さんのDNAのせいね。」とか言うあたりは何とも日本の母親でも言いそうなセリフだと思う。

いずれにしても、私はこの歌詞を聞いて、こういう強い母親像が最近の日本には減った気がする。家庭内での強い母親像は、ある種世界経済を活性化させているのではないかとふと思った。

つまり、家庭の家計を預かる母親が元気で強ければ、夫も子供も実は元気で経済の活性化になっていた一面もあるのではないかと回顧するわけである。

女性の社会進出を語る上で、どうしても女性は男社会により虐げられてきた面ばかりをフェミニストは批判するし、その議論で終始し、何の生産性もない話が続くことが多い。

しかし、この歌を聴いた際、私はむしろ主婦なり教育ママなり言われている人たちについて、もっとその価値の評価をすべきなのではないかと思うわけである。こういうことをいうと、「旧態依然としている」とか、「旧民法時代の人間か?」とか思われるかもしれない。

私は女性が家庭に留まる必要はないし、働きたいというならそれでいいと思う。ただ、私たちが主婦の母親や教育ママの下で育ってきた環境をもっと再評価して、それにより実現されていた価値を認めなおしてもいいのではないかと思う。

最近は、学校や市などに要求ばかりするモンスターピアレンツが増えている。これは母親だけでなく父親にもいれることだが、弁当を作るのを嫌がる親が多いと言う。負担だというのである。

この話について、養老猛子氏は、自身が幼稚園の理事を務めていることからの経験談として、弁当の日を設けるのは、幼稚園のためではなく、親のためであるといっている。

親が弁当を通じて子供とのコミュニケーションをはかる機会を与えるために、そういう日を作っているのに、最近の馬鹿親はそれが負担だからやりたくない。幼稚園のために作るのは面倒だというという趣旨の話をされており、なるほどその通りであると感じた。

いずれにしても、再度、主婦や熱心な教育ママの姿勢は見習うことが多いかもしれない。この歌の歌詞を聞けば、「主婦は三食昼寝付き」と言っていた父親は考えを改めなければならないだろう。

最近の未熟な親たちにもぜひ聞いてほしい歌である。

最後に、父親はどうなんだ?という疑問があるかもしれない。父親だって、子供と熱心に関わっているんだぞと反論したい世のお父さん方もいるだろう。それに対し、原作者のアニータ・レンフロー氏は以下の動画で答えている。

これが、父親が1日24時間以内に言う言葉、「父親の道理(Dadsense)」である。

わからなかった人は、少しスクロールダウンしてほしい。

Ask your mom! Ask your mom!Ta Da-

ということで、「お母さんに聞きなさい。お母さんに聞きなさい。以上」という答えらしい。

耳が痛い父親も多いかもしれない。レンフロー氏はなかなか面白い人である。

誰か上手く意訳して、この歌を日本でも広めてほしいと密かに願っている。

|

« アメリカの司法テレビ番組について2 | Main | チャーリーが指を噛んだ!(イギリスのほのぼのした動画) »

音楽」カテゴリの記事

海外の生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウィリアム・テルお母さん(Youtubeでヒットしたアメリカの母親の歌):

« アメリカの司法テレビ番組について2 | Main | チャーリーが指を噛んだ!(イギリスのほのぼのした動画) »