« 稚拙な政党と所属議員 | Main | WBC後のイチロー選手の言葉(日本企業の組織論に活かせる核心をついた言葉) »

03/26/2009

侍ジャパンが与えた影響

WBCでの日本チームが与えた影響は日本の視聴者だけではなかったようである。

以下の記事にもあるようにアメリカでも、日本チームのプレイはかなり称賛されている。やはり、アメリカのベースボールファンの多くが、良いプレイを見たいと願い、それに日本チームは応えたようである。

アメリカの野球ファンは結構厳しいし、いろいろなことを知っている。日本のチームについてもやたら詳しいし、そういう友人が私にも数人いる。自国の試合ではないにもかかわらず、そういう厳しい目を持つファンをも魅了したというのは、本当に良い試合だったと言えるだろう。

アメリカスポーツメディアの反応を見て、やはりベースボールというのが国技の1つとして、国民に浸透しているのだなとも感じた。

なお、このWBCだけでなく、以前アメリカの経営者と比較してJALの西松社長に対する評価がアメリカで高いという記事を紹介したが、最近のアメリカの雰囲気は、日本を再評価して、日本から学ぶべきだという潮流があることも注目すべきだろう。

WBC サムライ連覇に米ファンも賞賛

- 2009.03.25 17:30

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝でアメリカを、そして決勝で韓国を破って優勝した日本代表。ではこの日本の二連覇について、「ベースボール」の本家、アメリカはどう見ているか?

全米で最も読者の多い日刊紙「USATODAY」のWebサイトには、日本の優勝記事に対し、読者たちの賞賛のコメントが数多く寄せられている。

「すばらしい試合、すばらしいイベント、すばらしいファンたち。チームのために、そして自分の国のために、情熱をもってプレイする選手たちを見るのはとても楽しいことだった。自分自身のためだけにプレイするアメリカ流とは違う。」

「12時46分までこのゲームを見るために起きていた(私はテキサスに住んでいる)。今まで見た試合の中で、もっともすばらしいゲームだった。1点を取るための走塁、盗塁、投球、目を見張らせるプレイの数々。情熱とハッスル。ステロイドで汚染されたMLBは全く逆の方向へ進もうとしている。」

「ひさしぶりに本物の野球を見た。」

野球を愛するアメリカのファンたちは、日本と韓国が繰り広げた熱戦に惜しみない賞賛を送り、そして「本物の野球の姿を失ってしまったかもしれない」自分たちの国アメリカの現状に対して、厳しい批判を付け加えるのを忘れない。

bleacherreport.comの野球アナリスト、Matthew Goodmanは「マツザカもイチローもアマチュアではない。しかし彼らは自分の国を代表し、ファンを喜ばせるために、プロの世界から飛び出してきた」と、大リーガーの選手たちもWBCに積極的に参加し、関係者やファンもそれをサポートするべきだと述べた後、次のように読者に呼びかけている。

「(MLBワールドシリーズの)勝者を『ワールドチャンピオン』と呼ぶのは滑稽だ。50年前はそうだったかもしれないが、もはや過去のこと。準備をしよう、本当のワールドシップを勝ち取るために、本気で準備をしよう。他のチームは、勝つためにすべてを捧げていることを、我々は学んだのだから」

2013年のWBCでは、きっとアメリカチームのすばらしいプレイが見られるに違いない。彼らを「本気」にさせた侍ジャパンにも、もちろん本気で「3連覇」を目指してほしい。

http://news.cocolog-nifty.com/cs/catalog/cocolog-news_article/catalog_sports-200903251725_1.htm?s=app

他方で、相手国だった韓国のメディアの反応を見る限り、残念だったのはわかるが多少、落胆の矛先がズレている気がする。まず、韓国の監督がイチロー選手を見送らなかったことに対し、「サインが伝わらなかった」ということを述べ、責任を選手になすりつけるかのような発言があったが、指揮官としての資質に疑問を感じる。

先日の記事でも書いたが、WBCから日本国民は多くのことを学んで活かすべきだと思うのであるが、ぜひとも自分の部下や社員が失敗をしても、この監督のように責任を転嫁するような発言をする上司や経営者にはならないでほしいものである。

案の定、この発言に対する日本の野球ファンの反応は厳しく、「選手がかわいそうだ」という声が大半のようである。

また、ある種のガス抜きなのか、中島裕之選手の必死のプレイを批判の対象に韓国メディアはしているようであるが、これは見当違いも良いところである。野球にはルールがあり、ルール違反があれば、審判が判断するし、審判の判断がでなければ、チームの監督が異議を唱え、審判に何らかの職権の発動を促すはずである。

試合中にそのような場面がなく、退場とかなんら制裁を受けていないにもかかわらず、こういう取り上げ方をするのは、「因縁」、「イチャモン」以外の何物でもない。

裁判だって、訴訟手続きないで瑕疵があれば、異議申し立てをして裁判官の判断に対し、再考を促したり、職権の発動を求めるのが基本であり、判決が確定してから、騒いでも後の祭りである。

私はむしろ中島選手のあの行為は、必ず勝ちに行くという気迫のプレーであって、チーム一丸となって、ひとつの目標を目指す姿としてむしろ称賛に値すると個人的には思っている。ああいう気迫があるからこそ、イチロー選手がいうように「リーダーが必要なのではなく」チーム力、総戦力が必要であり、見事それを成し遂げたのが、サムライジャパンだったのであろう。

ガス抜きが必要なのかもしれないが、節操のない報道は民度の低さを露呈しかねないので、他国のメディアとはいえ、自制すべきだと感じた。

情報化時代において、メディアが報じる対象は自国民だけではない。すぐに海外にも報じられるのである以上、こういう報道がなされれば、韓国自体のイメージダウンになるということを肝に銘じるべきだろう。

韓国、今回は“大人”の対応!?両チームへ批判と称賛
3月25日16時56分配信 夕刊フジ

 日本中を歓喜の渦に巻き込んだ日本代表のWBC2連覇だが、敗れた韓国側のメディアやネットユーザーの反応はさまざま。“日本批判”やWBCの“制度批判”がみられる一方、自戒の声や歴史的激闘を演じた両チームへの称賛も多く、前回大会の終了後よりは、かなり“大人の対応”になった印象だ。

 【運が良い日本-たった4カ国に勝って優勝】

 韓国最大のポータルサイト「NAVER」は、WBCの「ダブルエリミネーション」制度を取り上げ、≪韓国は第1回大会に続き、第2回大会でも不合理な試合方式の犠牲になった。日本は変な方式で再び最大の受恵者になった≫と批判。ただし、同制度がなければ、アジア予選で日本にコールド負けした韓国が本戦に出られなかったことには触れていない。

 【日本はダーティー・サムライ】

 在米コリアン系メディア「UKOPIA」は、≪日本は、試合には勝ったがマナーでは基本もできていない無頼漢レベル。その主人公は日本のショート中島裕之≫と名指しで批判。朝鮮日報も≪国際大会ではあまり見られない非紳士的な守備妨害≫と決勝戦7回表の走塁と、6回裏に二盗を試みた韓国選手へのタッチプレーを非難した。

 【試合中ずーっとあいまいな判定】

 ソウル放送(SBS)は、自社サイトで≪審判は「誰が見ても」おかしな判定を繰り返した。しかし、韓国選手たちは承服した≫と報じ、中島批判も展開した。

 【恥辱の大敗】

 聯合ニュースは、昨夏の北京五輪で日本を破った「日本キラー」の先発、金広鉉が東京ラウンドで2回までに8点を失ったことに≪プロデビュー後、最悪の投球≫と失望。スポーツソウル(電子版)も≪守備はぎくしゃく、打線は沈黙≫と攻守そろって不振のチームを批判した。

 【韓国野球が打ち上げた勇気と希望のメッセージ】

 「世界日報」は≪わが国の選手よりも年俸が数十倍・数百倍に達する大リーガーにスポーツの価値が何なのかを教えた真のチャンピオンだ≫と代表チームを称賛した。

 【100年に一度の名勝負】

 韓国ネットでは≪両チームともすべてを注ぎ込んでいて涙が出た≫≪100年に一度の名勝負≫と試合内容を評価する好意的な書き込みが多数見られた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000017-ykf-spo

|

« 稚拙な政党と所属議員 | Main | WBC後のイチロー選手の言葉(日本企業の組織論に活かせる核心をついた言葉) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 侍ジャパンが与えた影響:

« 稚拙な政党と所属議員 | Main | WBC後のイチロー選手の言葉(日本企業の組織論に活かせる核心をついた言葉) »