« 国民への信頼を得るには、謙抑的姿勢が重要 | Main | 検察の事実上の敗北。 »

03/24/2009

WBCから日本人が学ぶべきこと

日本中の注目は、イチロー選手と一郎民主党代表に注がれたのかもしれない。

とりわけ、前者のイチロー選手は、プレッシャーをはねのけて最後の最後に結果を出す姿には本当に素晴らしい選手だし、すごい人間だと思った。

最近暗い話題ばかりが多いので、この2連覇というニュースもさることながら試合内容もかなりドキドキさせる試合で、見ごたえがあったと思う。

     2009032400000030maipbaseview000

この試合の後の原監督の謙虚さにも感銘を受けた。「もっと上手い監督ならもっと点数を取らせてあげられるのに」という言葉は、彼の人間性を表す言葉で、采配の評価は別として、人間的にはかなりの人が好感をもてたのではないだろうか。

今回のWBC連覇は、優秀な選手が一致団結して結果を出したわけであるが、結果を喜ぶだけでなく、今の日本人には、選手から学ぶべきことがたくさんある気がする。

以前、いすゞの社長が、この難局を乗り切るのに必要な戦略について、「総力戦」という言葉を話していた。まさに、「総力戦」が日本人の底力をもっとも出すのに重要なのかもしれない。

バブル期以降、実力主義とか成果主義という言葉がもてはやされ、その言葉の裏で日本が持っていた良い価値である「総力戦」が過小評価されてしまったように思う。その結果、なんとなく人間関係がギクシャクし、社内で体力喪失し、結果として勤労意欲の低下に結び付いた企業が多いのではないだろうか。

企業のトップは、業績低迷という経営運営の失敗のつけを従業員に追わせるのではなく、原監督のような謙虚な姿勢で、優秀な社員が個性を生かしつつも、お互いに目標に向かって勤労意欲を高め合えるように、自由かつ真に力を発揮できる環境を整えることを急ぐべきだろう。人材の成長なくして、経済の改革はあり得ない。

今回のWBCの序盤について、ある解説者ははチームの仕上がりに正直疑問があったと話していた。川崎宗則選手のように、スタメン出場しないときにも、仲間が打った時には一緒に喜んでチーム一丸という雰囲気作りをしり、メンバーそれぞれが同じ目標に心を一つにしてお互いを気遣いあい、励ましあえた結果がV2に結び付いたのかもしれない。

企業の経営者はもちろん、管理職の人間も、自分の所管する職場雰囲気作りのために、WBCの選手の努力にはどのようなものがあったのかを分析して、活かすことが、原監督のいう「この結果は、日本の国のためになる結果」ということになるのではないだろうか。

スポーツを単にエンターテイメントとして楽しむだけでなく、日々の生活に活かせるように考えながら見ることもまた自分を成長させるには重要だろう。

久しぶりの良いニュースなので、今日は後者の一郎代表の話題は避けておこうと思う。

WBC連覇 イチロー どん底抜け会心の笑み
3月24日22時21分配信 毎日新聞

【ロサンゼルス村田隆和】満面に笑みを浮かべたイチロー選手(35)=マリナーズ=が右翼からマウンドに駆け寄ってきた。右手でガッツポーズを繰り返しながら--。23日(日本時間24日)に当地のドジャースタジアムで行われた野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝戦、日本-韓国戦。

大会中、不振に苦しんだイチロー選手が、優勝を呼び込む決勝打を放った。チームリーダーであるはずの男が、役割を果たせずにいた苦しみの分だけ、喜びは膨れ上がった。

 延長十回2死一、三塁。本来は無の境地でいたいイチロー選手が、自らを実況中継しながら打席に入った。「めちゃくちゃいろんなことを考えてましたね。ここで打ったら『おれ(運を)持っているな』とか。そういう時は打てないものだけど、今日は打てた」

 勝負のあやがあった。2球目に一塁走者が二塁へ走り、一塁が空いた。ここで韓国ベンチは、イチロー選手を敬遠で歩かせるよう指示したが、なぜかバッテリーには伝わらなかった。ファウルで粘って8球目。はじき返した白球は中前へ抜けた。

 チーム結成の日ともいえる宮崎合宿集合日の2月15日。前回の日本代表監督、王貞治氏(68)から声を掛けられた。「頼むぞ」。短い言葉で、すべてが通じた。「今回の代表は、チームとしての厳しさが前面に出るようなことはないでしょう。みんな意識の高い選手ばかりだから」と王氏は語ったが、イチロー選手への信頼はひときわ厚かった。

 ところが、なかなか調子が上がらない。合宿中の練習試合では「3番」に座ったが、大会が開幕するころには「1番」に。「慣れ親しんだ位置でやってもらう」という、原辰徳監督(50)の温情だったが、準決勝までの打率はわずか2割1分1厘。「苦しいところから始まり、つらさ、心の痛みになった」とイチロー選手。原監督と目を合わすことすらできなくなっていた。

 この日の決勝打は、そんなどん底を通り抜けた末に放った一打だった。しかし塁上で、イチロー選手は表情一つ変えなかった。まだ試合は終わっていない。「普段と変わらない自分でいることが僕の支え。この支えを崩すと、タフな試合の中では、自分を支えきれなくなってしまう」という矜持(きょうじ)からだった。

 試合終了後のセレモニー。原監督から優勝トロフィーを渡された時、イチロー選手は心から笑った。監督と目を合わすことに、もうためらいはなかった。

原監督「生涯忘れないでしょう」/WBC
3月25日0時58分配信 日刊スポーツ

<WBC:日本5-3韓国>◇23日(日本時間24日)◇決勝◇米カリフォルニア州ロサンゼルス、ドジャースタジアム
 優勝した日本代表の原辰徳監督(50=巨人)の試合後のコメント。
 「みんなすごい。すごいサムライがそろって世界のつわものと戦い、堂々と勝った。目的は1つでしたから。1カ月以上経って、チームがまとまった、団結し進化した。重い試合で、イチローのセンター前(適時打)というのは生涯忘れないでしょう」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000000-nks_fl-base

|

« 国民への信頼を得るには、謙抑的姿勢が重要 | Main | 検察の事実上の敗北。 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference WBCから日本人が学ぶべきこと:

« 国民への信頼を得るには、謙抑的姿勢が重要 | Main | 検察の事実上の敗北。 »