« 検察の事実上の敗北。 | Main | 侍ジャパンが与えた影響 »

03/26/2009

稚拙な政党と所属議員

民主党はやはり稚拙な政党なのかもしれない。一旦、常任幹事会で続投を了承しておきながら、メディアの注目を浴びるためなのか、バラバラとしたコメントを好き勝手に言い始める。

なぜ党内でしかるべきときに発言をしておくことができないのだろうか。非常に稚拙な反応であり、マスコミや自民党の思うつぼの行動だろう。

私は、正直、今回の小宮山洋子氏や仙谷由人氏、前原氏の発言を聞いて、次の選挙ではこのような稚拙な反応しかできない議員がいる政党には投票したくないとすら感じてしまった。

このようにバラバラのことを言ったり、メディアの反応(国民の反応ではない)を見て右往左往しているのであれば、今の自民党と全く変わりないではないだろうか。

こういう時こそ党内では苦言を呈し、説明を促すにしても、あえてメディアに出てきて、自分の政党がバラバラで党首の求心力がないような印象を与える行為にでることに、議員として、また政党政治家としての資質を著しく欠くと個人的には思うわけである。

この反応は私だけなのかと思ったら、案の定多くの人は同じように感じていたようである。というのも、誰がコメントしているかわからないので、どれだけの信ぴょう性があるかわからないが、「Yahooみんなの政治」の小宮山洋子議員への評価コメント欄は、私と同じような意識を持つ人が多く投稿しているようである。

いずれにしても、私は小沢代表が続投する以外に道は現在のところないし、仮にここまできて小沢氏を代表から外すと言うことになれば、それこそ自民党や検察権力の思い通りということになると考える。

そして、小沢氏以外の人物が代表につけば、私は民主党は選挙には勝てないような気がする。なぜならば、このようなバラバラの政党を保てるのは小沢・管・鳩山という微妙なパワーバランスが党内にあり、それが崩れると、政権交代どころではないというのが民主党のお家事情なのだと思うからである。

国民はさほど馬鹿ではないし、民主党にもろ手をあげて期待しているわけではない。しかし、小沢・鳩山・管という現在の執行部体制なら、「まだ安心できる」、「今の総理候補が誰もいない自民党よりはまし」というのが本音であろう。

民主党議員も、立候補予定者たちもそこのところを勘違いして、自分や政党に期待されているという思い上がりは捨てるべきだろう。

民主内に「小沢氏辞任」要求相次ぐ 小沢氏秘書起訴で
3月25日21時33分配信 産経新聞

 西松建設の巨額献金事件で、秘書が起訴されたにもかかわらず党代表を続投する意向を示した民主党の小沢一郎代表に対して25日、党内から早期辞任を求める発言が相次いだ。鳩山由紀夫幹事長ら執行部は、党所属国会議員に代表続投への理解を求める方針だが、世論の動向次第では、小沢氏が進退の再考を迫られる可能性が出てきた。

 小沢氏と距離を置く仙谷由人元政調会長は25日、国会内で記者団に「(次期衆院選に向けて)必死にやっている候補者を巻き込まないようにするべきだ。小沢氏が自主的に政治判断するべきではないか」と述べ、次期衆院選への影響を踏まえ、自発的に辞任するべきだとの考えを示した。

 また「次の内閣」(NC)文部科学担当の小宮山洋子衆院議員も記者団に「おわびしながらでは選挙に勝てない。一番いいのはお引きいただくことではないか」と強調。「小沢氏の裁判闘争と、政権をとりに行く選挙戦略はまったく別だ」として、小沢氏の裁判闘争に民主党が巻き込まれるべきではないとした。

 また、枝野幸男元政調会長は「検察も小沢氏も説明責任を十分に果たしていない。大方の国民が納得するよう説明してほしい」と述べて、小沢氏の説明が不十分との考えを示した。

 捜査関係者によると、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(47)は、東京地検特捜部の調べに対して、西松建設から違法な企業献金を受領しながら虚偽の報告をしていたなどとする政治資金規正法違反罪での起訴内容を大筋で認めているという。大久保被告の供述が、小沢氏の発言と食い違えば、小沢氏は改めて事件について説明する必要が出てきそうだ。

 一方、麻生太郎首相は自民党本部で細田博之幹事長らと会談し「(小沢氏は)ピントが外れている。問題の所在が分かっていないのではないか」として、24日の小沢氏の釈明会見を批判した。自民、公明両党の幹事長、国対委員長会談でも「(小沢氏は)法の規範意識が足りない」との小沢批判が続出。細田氏も「極めて認識が甘い」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000629-san-pol

|

« 検察の事実上の敗北。 | Main | 侍ジャパンが与えた影響 »

日本の政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 稚拙な政党と所属議員:

« 検察の事実上の敗北。 | Main | 侍ジャパンが与えた影響 »