« ウィリアム・テルお母さん(Youtubeでヒットしたアメリカの母親の歌) | Main | こんな時こそ報道は慎重に »

03/03/2009

チャーリーが指を噛んだ!(イギリスのほのぼのした動画)

先日は、Youtubeでお勧めの動画を紹介した。今回は、同じ動画でも、ほのぼのとする人気動画を紹介してみようと思う。なんと再生回数が8400万回を超え、今でも1日200回以上再生され続けている人気の作品がある。

それが、「Charlie bit my finger(チャーリーが僕の指を噛んだ)」という動画である。

今日は3月3日ひな祭り。ただ、ひな祭りだが、男の子たちの話題である。

赤ちゃんのチャーリー君とお兄さんのハリー君との自然のやり取りが何ともほのぼのしていてかわいらしい。

指を噛んだ後のチャーリー君のまさに「やってやったぞ」ニヤリという笑顔は幼さないながらに、行為を理解してやっているような悪さが垣間見れて面白い。

また、お兄さんのハリー君の反応も、普通ならば怒って1,2発殴ったり、仕返ししたりするところを、「痛いじゃないか、キャーリー。すごく痛いよ」と言うだけで、許してあげているあたりが何とも寛大な優しい心の持主のようである。

そのあとにすかさず、さらにニヤリとしながら噛みつこうとするチャーリー君の姿も笑いを誘う。

なんと、この動画がYoutubeで話題になったことから、この家族はイギリスのテレビ番組でも取り上げられ、一躍有名になったようだ。さらには、この動画を大人たちが模倣している動画すら現れている。

他にも色々な最近の子供たちの自然な光景をのせてくれており、楽しませてくれる。今では、さらにジャスパー君という3男がいるということである。

なお、チャーリー君は噛むのが好きなようで、その後にもこんなアクシデントがあったらしい。

将来、子供たちが悪いことをしたり、兄弟げんかしたときにこれらの動画を見せると、反省を促すのに役立つかもしれないが、これだけ仲が良いとケンカもしないのかもしれない。

あまり良いニュースが無い最近。ほっとさせてくれる動画として紹介した。

|

« ウィリアム・テルお母さん(Youtubeでヒットしたアメリカの母親の歌) | Main | こんな時こそ報道は慎重に »

海外の生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/44211492

Listed below are links to weblogs that reference チャーリーが指を噛んだ!(イギリスのほのぼのした動画):

« ウィリアム・テルお母さん(Youtubeでヒットしたアメリカの母親の歌) | Main | こんな時こそ報道は慎重に »