« 麻生太郎内閣にいるもう一人の曲者 | Main | 再びメディアに登場する弁護士の敗訴 »

02/21/2009

英国メディアが伝える政治家とアルコール(ブラウン首相にまでジョークにされる酩酊会見)

様々な醜態が次々に暴露される中川大臣。

イギリスのブラウン首相が記者会見で「次回のG20の会合では、飲酒をしている暇はない」と記者会見で語ったそうである。本当に世界に広まったのだと感じる瞬間である。

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jI51QFDryfuEaumX5c0Q2NNNyHSw

イギリスのチャンネル4は、「政治家の失態(Politicians' ruin)」と題し、政治家とアルコールの関係は長い歴史があるが、政治家がアルコールによって悪ふざけした姿がカメラに撮られるようになったのはごく最近だという記事を書いている。

http://www.channel4.com/news/articles/politics/politicians+ruin+/2958762

この記事で面白いのが、今回の中川酩酊会見と他の国の政治家が、アルコールを飲んだことによって、悪ふざけをしている映像を比較しているところである。

まず、中川酩酊会見があり、記事は「大臣は大きな代償を払うことになった」というタグをこの映像につけている。

次に、フランスのサルコジ大統領が2007年のG8の後のプーチン大統領との会談後の記者会見で、「私に質問に答えてほしいか?」など不規則な発言をしている映像について、「質問と葛藤している大統領」というタグがつけられている。

さらに、英国自由民主党の党首であったチャールズ・ケネディー氏が、アルコール中毒であることを告白して退任する前の記者会見で、同氏が感情的になったり、不明瞭な会見をしていた映像が並んでいる。

最後には、ウォッカを欠かさず飲んでいたといわれているロシアのエルツィン元大統領が酔っ払っているのか不明であるが、かなりおどけてダンスをしたり、指揮者のマネをしている映像を紹介している。

これらすべての映像を比較して感じた私の感想は、最初の中川会見以外は酔っ払っているのかな?程度の行動であって、激しいダンスをするエルツィン元大統領の映像でさえ、にこやかに笑って見てられるが、中川酩酊会見だけは、「なんだこの酔っ払いは!」と思ってしまうほど失態を晒している印象を受ける。

これを風邪薬だと未だに説明しているし、マスコミも中川氏のアルコール中毒患者とすら思えてしまう飲酒癖を今まで報じずに国民の目から真実を隠してきたことは、お友達内閣以上に、権力とお友達のマスメディアという民主主義国家ではあってはならない事態だと思う。

そろそろ、記者クラブ制度とかやめた方が良いのではないだろうか。

こういう情報があとから出てくるのもやっぱり記者と政治家の癒着のせいかもしれない。

中川前財務相 バチカン博物館でマナー違反 石像触り警報
2月21日11時34分配信 毎日新聞

【ローマ藤原章生】ローマで開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、ろれつが回らない状態で記者会見に出席し、辞任に追い込まれた中川昭一前財務・金融担当相が、会見直後に訪れたバチカン博物館で陳列品の石像に触れるなどマナーの欠ける行いをしていたことが、同行者らの証言でわかった。中川氏は博物館でも、政府代表とは言い難い姿をさらしていた。 

 今月14日午後4時(日本時間15日午前0時)すぎ、ローマ中心街のホテルで、眠り込みそうな表情で会見を終えた中川氏は、その足で博物館に向かった。イタリアを去る間際の2時間の「視察」で、当初から予定に組み込まれていた。

 財務省職員を伴った中川氏を現地の大使らが案内する形で、一行10人は博物館職員と共に館内を回った。午後4時の閉館時刻を30分ほど過ぎていたため、一般客はいなかったという。

 その際、中川氏は館内を好きに歩き回った。触ることを禁じられている石像を2回ほど触り、一度は警報のブザーが鳴った。

 疲れていたようだが、酒臭くはなく、酔っている様子はなかったという。同行した上野景文駐バチカン大使は「確かに、天皇陛下が(礼儀正しく)視察するような形でなかった。美術が好きで触ってみたかったようだが、周囲が振り回されたり、騒ぎになるようなことはなかった」と話している。

 【ことば】バチカン博物館 ローマ市内にあるバチカン市国が誇る世界屈指の美術館。歴代の教皇が集めてきたコレクションが収蔵されている。ミケランジェロの壁画「最後の審判」や「楽園追放」などの天井画があるシスティーナ礼拝堂など、見学コースは全長7キロ、総面積は約4万2000平方メートルに及ぶ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000005-maip-soci

|

« 麻生太郎内閣にいるもう一人の曲者 | Main | 再びメディアに登場する弁護士の敗訴 »

欧州政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 英国メディアが伝える政治家とアルコール(ブラウン首相にまでジョークにされる酩酊会見):

« 麻生太郎内閣にいるもう一人の曲者 | Main | 再びメディアに登場する弁護士の敗訴 »