« 若者の安定志向に起因する問題 | Main | メディアに登場する弁護士の敗訴 »

02/11/2009

チェンジって・・・

コネタマ参加中: あなたが“チェンジ!”したいものは何?

Answer:「何の疑問も持たずに、無批判にオバマ大統領素晴らしいと考える人々。」

アメリカ政治を学んだことがある者として、そんなにアメリカ大統領は美化されるべき存在ではないし、ましてやオバマ大統領なんて中身がなく、不安定なリーダーであるということをこのブログを通じて伝えたい。

まあ、芸能人などのブログではないので、影響力はないのであるが・・・笑

何事にも懐疑的に自問自答する姿勢がなければ、人間としても成長できない気がする。

|

« 若者の安定志向に起因する問題 | Main | メディアに登場する弁護士の敗訴 »

アメリカ政治」カテゴリの記事

Comments

 私はオバマ大統領が進めようとしている政策・方針はそれなりに妥当性があると評価しているのですが、今の過熱ぶりでは支持していると言いづらい状況ですね。
 今の支持率の高さは政策・方針の賛同よりも閉塞感からの解放の期待を一個人に覆い被せる形によるものだと思っているからです。

 期待度が過剰であるが故に、些細なことで失望し混迷の度が深まる可能性が高いと思います。

 数ヶ月後には最初の頃に強く支持を主張していなかった層の方がオバマ大統領の仕事ぶりを評価しているようになっているのではないかと思います。

Posted by: 万打無 | 02/14/2009 at 02:22 AM

万打無さん

はじめまして。コメント有難うございます。
過度な期待という点は全く同意見です。
アメリカでは未だに実体経済に強いという幻想を持っている人が多くいます。こうした過度の期待も相まって、アメリカ経済の本質的な問題を見誤っていることが今後混迷を深めると感じています。

その一例が昨今の経済危機をブッシュ政権のせいにすることです。現に、アメリカの経済はすでに技術力を失ったレーガン政権以降から衰退し、バブルを作り続けることで誤魔化してきたという事実をアメリカ人に指摘すると、まっとうな反論はなかなか返ってきません。

私個人はオバマ大統領にリーダーシップには懐疑的に分析しています。なぜならば、経済の要である商務長官人事が決まらないということです。これは非常に稚拙です。この人事を決めずして何を決めるとすら言いたくなる失態だと私は思っています。

オバマ大統領のリーダーシップも小泉劇場と同じで、マスメディアによって作られた部分が強い反面、クリントン長官は理不尽な攻撃を受けたと今でも感じています。

テレビや新聞というマスメディアの暴走は日本もアメリカも本質的には変わらないのかもしれませんね。

Posted by: ESQ | 02/14/2009 at 11:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/44007924

Listed below are links to weblogs that reference チェンジって・・・:

« 若者の安定志向に起因する問題 | Main | メディアに登場する弁護士の敗訴 »