« 酩酊会見の余波 | Main | 日本の国益を損なった麻生のロシア訪問(北方四島の放棄になりかねない失態) »

02/18/2009

酔っ払い大臣、羞恥心のない総理大臣、そしてまだまだ耐える(?)国民(そろそろ怒りませんか?)

海外のメディアが厳しい皮肉コメントを良くするのは知っているが、これだけ酷評されると、日本国民として非常に恥ずかしい。未だに、支持する有権者が地元の選挙区にいるということが信じられないし、井の中の蛙というのはある種恐ろしいと思う。

ただ、同情するわけではないが、中川財務大臣が父親と同じ道を歩まないことだけは願いたい。今回の事件で、世界に失態をさらしたわけであるから、羞恥心がある人間だとすれば、完全に政治生命は絶たれたと言っていい。

どんなに反省しても、海外に今度公の人間として日本を代表する立場に仮に立つことがあるとすれば、海外メディアは、酔っ払い大臣とか、アル中大臣とか、中川昭一という人間について面白おかしく伝えるだろう。

そうすると、プライドが高い人間がこういう没落の途を辿ると、それこそ予期もしない判断をしかねない。特に、酒好きで、酒を何度もやめるように言われていたのに、景気づけに記者会見に酒気帯びで臨む過去が何度もある気の小さな人間という側面もあるようである。

身から出た錆びとはいえ、こういうバッシングに耐えきれず・・・という事態もないとは言えないと思う。不謹慎かもしれないが、異常行動がないように周りは気を付けた方が良いだろう。

いずれにしても、麻生太郎の責任は重い。支持率が一桁になり、重要閣僚が大失態を犯し、クリントン長官が訪日している日に、この問題でのドタバダ劇である。

小沢代表の振る舞い(選挙重視で会談を一旦は断ったこと)が外交上非礼だという批判があったが、それ以上に、日本の総理大臣にある人間が、この問題で訪日中に自分の発言を二転三転させて、問題をさらに拡大させていることこそよっぽど非礼ではなかろうか。

もっと言えば、支持率一桁の人間が総理の座に居座って、クリントン国務長官を迎えることが非礼なのかもしれない。世界中には一般的に評判の悪いブッシュ前大統領でさえ、1月の退任直前でも、29%の支持率はあった。

つまり、支持率1桁の人間が総理大臣として、未だに外交をしようとしていること、オバマ大統領に初めての海外リーダーとして会おうとしていること自体が恥なのかもしれない。

かつて、我が国には恥の文化があった。その恥の文化はどこにいってしまったのであろうか。麻生太郎(一桁の人間に総理という敬称を使いたくないので使っていないわけであるが)という政治家が日本の総理職にとどまっていることが恥であると怒りの声を上げなければ、日本はいよいよ世界に相手にされない民度の低い国家と評されることになるだろう。

私はよくアメリカ人の友人と政治問題について意見交換することが多いが、今回の事件についてだけはあまり触れられたくない。

 中川財務相の記者会見は「サケ・プロブレム」
 2月17日20時46分配信 産経新聞

 中川昭一財務相の辞任や問題となったローマでの記者会見の模様を、米国や英国など世界各国のメディアは、早速伝えた。

 米国では、MSNBCテレビなどが16日、中川財務相が批判を浴びていることを「サケ・プロブレム(酒問題)」と伝え、ロイターやAPなどの通信社は17日、中川氏の辞意表明を「人望のない麻生太郎首相への新たな打撃」などと速報した。

 MSNBCはまた、記者会見の映像を流した後、女性キャスターが、「これが日本の財務相だ」と笑いながらちゃかしたうえで、「そんな国が、きょうクリントン国務長官が訪れている日本だ」とコメントした。

 17日付の英紙インディペンデント(電子版)は、中川財務相の記者会見を「1970年代以来最悪の危機に直面している世界第二の経済大国のかじを取る責任者が、酒酔い運転だろうか」と伝えた。英BBC放送は同日、東京株式式場の下落を伝える際に、記者会見の映像をだぶらせ、キャスター自身がろれつが回らないようなしぐさをした後、笑い転げた。

 KBSなど韓国の主要テレビ局も、記者会見の映像を流し、聯合ニュースは「酒に酔ったように記者らの質問に思い通りに答えられず、ちんぷんかんぷんな発言をする醜態をみせ、国際的な大恥をかいた」と指摘した。

 中国では17日付各紙が、「日本の財務相が『酔っぱらって』G7参加」と大きく報じた。また中国中央テレビは、16日夜のニュースから、中川財務相が記者会見でろれつが回らない状態だったことを詳報し、中川氏の釈明も紹介した。

 ウエブ上では、各国メディアや動画サイト、ユーチューブで記者会見の映像が掲載されている。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000616-san-pol

|

« 酩酊会見の余波 | Main | 日本の国益を損なった麻生のロシア訪問(北方四島の放棄になりかねない失態) »

日本の政治」カテゴリの記事

Comments

右翼の世の中では恥をかいたら歴史を書き換えて「無かったこと」にするのが普通のようだからのう(・∀・)

Posted by: 通行人 | 02/18/2009 07:16 am

通行人さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
今回の映像と辞任劇はAP通信が配信したおかげで世界の主要メディアだけでなく、タブロイド紙にまで取り上げられて世界中に酔っ払い大臣が日本にいると報じられてしまいました。

さすがに、右翼であろうと左翼であろうとこのことは「無かったこと」にはできないのではないでしょうか。この事件とロシア訪問で日本が失った国益は相当大きいと思います。

Posted by: ESQ | 02/19/2009 11:22 pm

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 酔っ払い大臣、羞恥心のない総理大臣、そしてまだまだ耐える(?)国民(そろそろ怒りませんか?):

« 酩酊会見の余波 | Main | 日本の国益を損なった麻生のロシア訪問(北方四島の放棄になりかねない失態) »