« 日本の国益を損なった麻生のロシア訪問(北方四島の放棄になりかねない失態) | Main | 麻生太郎内閣にいるもう一人の曲者 »

02/20/2009

小泉発言は自民党議員への踏み絵ではなかろうか。

政治アナリストたちも無責任に、色々好き勝手言っているので、私も好き勝手に今後の政局を予想しようと思う。

小泉発言が注目されているが、これは自民党にとっての最後の希望ではないだろうか。そもそも、私は小泉改革については良いところ(既得権益にメスを入れた)もあれば、悪いところ(市場主義への移行が急速過ぎたこと、脱落した者への保護ないし再度のチャンスを与えるの手当が不十分だったこと)もあったという立場で、1か0かという極端かつ無責任な立場にはそもそも立たない。

いずれにしても、小泉元総理が安倍、麻生総理に比べれば、世論に敏感な人間である点は否定できないと思う(あえて福田前総理を外したのは、福田総理は自分が人気が無いことを自覚し、世論を意識して辞任し自民党を救おうとしたとも評価し得るからである)。

小泉元総理は、「麻生をやめさせろ。定額給付金のような無駄なバラマキはやめろ」という国民の7割から8割の世論を感じ取り、自民党に最後のチャンスとして、再議決に欠席すると言ったのであろう。

これに対し、自民党の議員の大勢の意見は「なぜ今頃。もう造反はできない」という消極的な反応であるとメディアは伝えている。

しかし、小泉発言は非常に論理的に緻密であると思う。

まず、一旦賛成したのに再議決反対というのは矛盾だという声に対して。

参議院で定額給付金以外については野党が賛成しているのだからそれを飲めば良い。国民も定額給付金には反対している。それなら、一旦衆議員を通ったとしても、直近の選挙の声が反映されている参議院の判断を尊重すべきである。

また、2/3は郵政選挙の民意で、いわば古い民意の反映である。それが、郵政関連以外の世論の大勢が批判的な政策を推し進めるために利用するのは筋が通らない。

こういう論理を小泉発言は投げかけている。

次に、自民党内では、「自分だって参議院の反対を押し切って郵政解散したじゃないか。参議院の声を聞くなんて笑っちゃう」という発言がある。

これも的外れな批判である。小泉郵政解散のときは、郵政に対する民意が衆議院にも参議院にも反映されていなかった。だからこそ、民意にその是非を問うて解散し、民意が小泉郵政改革を支持したわけである。

それに対し、今は直近の民意が反映されている参議院の意向を全く無視し、定額給付金に対する民意を問うべく衆議院を解散するというでもなく、郵政の民意をごり押しで使おうとしているにすぎない。

こうした自民党内の議員の批判が論理的に破たんしていることは馬鹿でもわかることだろう。

にもかかわらず、折角のチャンスである小泉発言をさらに批判するというのは自爆テロに他ならないのではない。小泉発言は、ある種の踏み絵を自民党議員、とりわけチルドレンに課したのではないだろうか。

つまり、予算が通らず政治が機能しない経済危機において、麻生太郎という支持率一桁で総理職に留まろうとする権力に対し、引導をつきつけられる政治家として気骨のある人間かどうかの踏み絵を課したのだと思う。

牙を抜かれて麻生太郎の自民党という泥船にとどまるのか、それとも、造反により麻生太郎に牙をむくと同時に、小泉元総理と行動を共にすることで、公認は失う覚悟はあるが、同氏の選挙応援がつく急きょ作られたイカダに乗るのか。

どうせ勝ち目がないのなら、後者の選択をし、参議院で示された直近の民意を受けて、麻生太郎という人間に歯向かうことで、一か八か自分の人生をかける姿を有権者に見せるほうがよっぽど有権者に訴える力があると私は思うのであるが・・・

いずれにしても、もう過ぐ小泉元総理の自民党をぶっ壊すというシナリオは約9年越しに達成されるのではないだろうか。

小泉元首相発言「笑っちゃう」 自民参院幹部が批判
2月19日11時59分配信 産経新聞

 自民党の脇雅史・参院国対筆頭副委員長は19日午前の記者会見で、小泉純一郎元首相が定額給付金の財源に関する特例法案の衆院再議決に欠席する意向を示したことについて「よく言うもんだと笑ってしまった」と批判した。

 脇氏は「小泉氏は(首相当時の平成17年に)郵政民営化法案で衆参の議決が違ったとき、両院協議会で意見調整したらどうかという声があったのを一切無視して衆院解散に踏み切った。自分のやったことと違うことを言うのは納得いかない」と語った。

 小泉氏は今月12日、定額給付金に関し「参院の意見を調整して妥当な結論を出すべきだ」などと主張。さらに麻生太郎首相の郵政民営化をめぐる言動を「笑っちゃうくらいあきれている」と批判していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090219-00000547-san-pol

以前、インターネット上で、会社の上司や要職につく無能な幹部を示す言葉として、「バカンブ」という言葉を目にしたことがあるが、この記事で批判している自民幹部は正しくバカンブだと思うのは私だけではないはずだろう。

|

« 日本の国益を損なった麻生のロシア訪問(北方四島の放棄になりかねない失態) | Main | 麻生太郎内閣にいるもう一人の曲者 »

日本の政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/44088873

Listed below are links to weblogs that reference 小泉発言は自民党議員への踏み絵ではなかろうか。:

« 日本の国益を損なった麻生のロシア訪問(北方四島の放棄になりかねない失態) | Main | 麻生太郎内閣にいるもう一人の曲者 »