« 日本のスラム化が急増する前触れか | Main | アメリカ国民が夢から覚める時が近づいている。 »

01/11/2009

地方議会の問題点

これをテーマに、テレビ朝日のサンデープロジェクトで特集をしていた。

これを見て一言。「もっと早くこの問題をえぐり出せ!」

私は数か月前から、この問題を指摘している。サンデープロジェクトで、地方議会の議員数の絶対的数が大きいことは指摘されていない。つまり、議員が無駄に多いということ。官僚機構の縮小も大事だが、無駄な政治家の集団の縮小の方がもっと大事だろう。

以前の記事は、以下から参照してほしい。

・多すぎる議員数(日米の市議会議員数の違い)【2008年9月29日掲載】。 http://blogs.yahoo.co.jp/nothingventurednothinggained777/1578238.html

・議席を減らせば、年間500万円の財源が生まれる【2008年9月29日掲載】。 http://blogs.yahoo.co.jp/nothingventurednothinggained777/1591784.html

・地方議員数を減らせ。調査はネットや電子文献を使え(地方議会の無駄遣い)【2008年10月3日掲載】。 http://blogs.yahoo.co.jp/nothingventurednothinggained777/1712326.html

ただ、地方議会が荒廃しているのは、その住民の責任であることは忘れてはいけない。選挙のたびに、「今まで●●党だから」とか、「●●●●議員にいつも投票しているから」などという貧しい判断ではなく、「この政党は、この候補者はこういう政策を持っているから(例えば、議席を減らすと言っているから)」という理由を胸を張って答えられるような姿勢で判断することが必要だろう。

国政にも通じることだが、政治の腐敗は誰の責任でもない。人の責任にする前に、自分たち有権者の判断の責任であることは忘れてはいけない。

|

« 日本のスラム化が急増する前触れか | Main | アメリカ国民が夢から覚める時が近づいている。 »

地方政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地方議会の問題点:

« 日本のスラム化が急増する前触れか | Main | アメリカ国民が夢から覚める時が近づいている。 »