« ブッシュ政権の8年を振り返ってみて(1) | Main | 報道機関の資質 »

12/17/2008

イギリス・ブラウン政権の最新の世論調査

関連ニュースの日本での報道。

なお、引き下げた税率は低いが、消費者への心理的な負担を減らすという効果は上がっているようだ。この発表がされたのが、11月14日。日本との対応の早さの違いは歴然である。

2兆9000億円景気刺激策 英、付加価値税17・5%→15%
11月26日8時1分配信 産経新聞

 【ロンドン=木村正人】ダーリング英財務相は24日、総額200億ポンド(約2兆9000億円)の景気刺激策を発表した。日本の消費税に当たる付加価値税の税率を12月から来年末まで現行の17・5%から15%に引き下げる減税が柱。現在182万人の失業者が来年には300万人に達すると予測される中、英経済を下支えするのが狙いだが、政府債務残高は1975年以降、最悪となる見通しだ。

 英国はサッチャー元首相のビッグバン以来、金融業を中心に経済成長を続けてきただけに、金融危機の影響は欧州主要国の中でも深刻だ。銀行への公的資金注入策で支持率を大幅に回復させたブラウン首相は次期総選挙をにらみつつ、次の切り札である財政出動に打って出た。

 単年度財政赤字は来年、1180億ポンド(17兆2200億円)に達する。国内総生産(GDP)の40%以内に抑えてきた政府債務残高も3年後には57%に拡大する。財政悪化を抑えるため、2011年に高額所得者を対象に増税を実施する。

 最大野党、保守党系シンクタンクは「公的年金などの負債を含めると政府債務残高は160%を超える」と批判している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081126-00000076-san-int

---------------------------------------------

金融危機の対応の違いでこれだけ、支持率が変わるということだろうか。

                               

イギリスのブラウン首相の支持率が回復しているとAP通信が報じている。デイリーミラー紙の最新の世論調査によれば、ブラウン首相の経済手腕が評価されたためか、支持率が41%に回復。野党保守党の党首キャメロン氏は29%となっており、引き離している。また、野党自由民主党のクレッグ党首は7%。

しかし、同首相の経済危機への対応に対する評価では、支持すると支持しないが45%で拮抗している。

政党別の支持では、依然、野党保守党が41%で4%増、与党労働党は36%は2%減、野党自由民主党は11%で、4%減となっている。

金融危機は、いわゆる大きな政府という傾向にあるリベラル政党にはある種追い風になっているようだ。ブラウン首相も、保守党からの同党の提出している経済刺激策(企業へのローンの拡充を柱とするもの)を採用すべきとの声に対し、議会で、「既に、政府は行動している。何もするなという保守党の政策は、金融危機に不適当である。」との反論をしている。

日本の麻生首相率いる自民党にも耳が痛い話ではないだろうか。景気対策をやるやるとという言葉だけは聞こえてくるが、実際に何一つ実行できていないことからすると、英国と比べると、政党や政治家としての力量の差を感じる。

PM takes lead over Cameron in poll

2 hours 16 mins ago

Prime Minister Gordon Brown has established a clear lead over Conservative rival David Cameron for his handling of the economy in the wake of his £20 billion give-away in the Pre-Budget Report, according to a poll. 

Some 41% of people taking part in the Ipsos Mori survey for the Daily Mirror named Mr Brown as the leader they trust most to get the country out of its economic problems, 12 points ahead of Mr Cameron on 29%, with Liberal Democrat leader Nick Clegg trailing on just 7%.

However, when asked whether they thought Mr Brown was doing a good or bad job tackling the economic crisis, the respondents split equally, 45% to 45%.

The poll showed Labour narrowing the electoral gap on the Tories by six points, compared to a survey by the same company for The Observer at the end of November.

It put the Conservatives on 41% (down two points), Labour on 36% (up four) and the Liberal Democrats on 11% (down four).

The survey echoes the results of a ComRes poll for the Independent on Sunday, which found the Conservative lead slashed from 11 points to just one in the space of a month, with Tories on 37% (down six), Labour on 36% (up four) and the Liberal Democrats on 14% (up two).

A separate poll for the Sunday Times showed a slight increase from 5% to 6% in the Conservative lead over the past month, with Tories on 41% (unchanged), Labour on 35% (down one) and Liberal Democrats on 15% (up one).

Ipsos Mori interviewed 1,007 adults by telephone for the Daily Mirror on December 10 and 11. ComRes interviewed 1,003 adults by phone for the Independent on Sunday on December 10 and 11. YouGov questioned 2,098 adults online for the Sunday Times on December 11 and 12.

|

« ブッシュ政権の8年を振り返ってみて(1) | Main | 報道機関の資質 »

欧州政治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530145/43432420

Listed below are links to weblogs that reference イギリス・ブラウン政権の最新の世論調査:

« ブッシュ政権の8年を振り返ってみて(1) | Main | 報道機関の資質 »